【無印良品2020】Nハリ監修のライン「ムジラボ」でパーカーを購入|感想や写真など

【無印良品2020】N.HOOLYWOOD(エヌハリウッド)のデザイナー尾花大輔が監修するライン「MUJI Labo(ムジラボ)」でフーデッドスウェットシャツを購入|感想や写真など

MUJI Labo(ムジラボ)のフーディを購入しました。(前置きを飛ばしたい方はこちら→商品詳細に飛ぶ▼

このフーディ、本来であるならば、2019SS(春夏)に購入したかったのですが、予想に反し、即完売したので買えず。

なので、一年半越しで”ようやく”購入することができました。

ぼく
買い逃したく無かったので、発売初日に”オンライン”で購入。試着はしていません。

MUJI Labo(ムジラボ)とは

無印良品の上位ラインで、デザインは「N.HOOLYWOOD(エヌハリウッド)」の創設者 兼 デザイナーである尾花大輔(おばな だいすけ)氏が担当しています。

ぼく
エレカシの宮本さんや千原ジュニアが着てるイメージ。

Nハリは、とても好きなブランドなので、MUJI Labo(ムジラボ)のデザイン監修が尾花さんに決まった時は、めちゃくちゃテンションが上がりました。

デザインの方向性的に、Uniqlo U (ユニクロ ユー)ばりに相性がいいことは確実だし、Nハリチックな服が低価格で手に入ると思ったので。

N.HOOLYWOOD(エヌハリウッド)の服

参考画像:手持ちのNハリ(一部抜粋)

…が、(MUJI Laboに関しては)期待に反し”あまり”食指に触れるものはリリースされず。

ぼく
ぼってりとした可愛いらしいシルエットが引っかかるんですよね。。あと値段も微妙に高い。

なので、定期的にチェックはしているものの、基本スルー。

ただ、今回購入した”フーディ”と”巾着(きんちゃく)“には、相当”物欲”を刺激させられました。

よって購入。(巾着は買えなんだ…)

以下、感想です。

【MUJI Labo  2020AW(秋冬)】フーデッドスウェットシャツ|感想や写真など

【無印良品2020】N.HOOLYWOOD(エヌハリウッド)のデザイナー尾花大輔が監修するライン「MUJI Labo(ムジラボ)」のフーデッドスウェットシャツ|前面の写真

価格は、6,990円(税込)。素材は、綿(コットン)100%。

色は「アイボリー」。サイズは「L-XL」をチョイス。

【無印良品2020】N.HOOLYWOOD(エヌハリウッド)のデザイナー尾花大輔が監修するライン「MUJI Labo(ムジラボ)」のフーデッドスウェットシャツ|背面の写真

肩幅は約65cm、身幅66cm、着丈が約72cm。

身長173センチ、体重61kgのぼくからすると、”かなり”ゆとりのあるサイズ感となります。


着た感想は…微妙

そもそもぼくは”白が似合わない”ので、純白ではなく、ややくすんだ白色である”アイボリー”をチョイスしましたが、それでもダメ。。

あと、「L-XL」のサイズは、思った以上に”でかかった”です。まぁ、これは洗濯を重ねるうちに解決するかもしれませんが。(大体5%位ちぢむので)

ぼく
“ダボダボ”に見えすぎず…位で抑えたかったのに。トレンドを意識したことが却って仇になりました。

あと、生地の薄さも関係しているのかな??(結構ペラい)。マルジェラのフーディーみたく、もうちょっと肉厚だったら見え方が違ったかも。

まぁ、普段”白”を着ないので、”見慣れない=違和感がある=似合わない”と勝手に思い込んでいるだけかもしれません…

なので、何度も着用する内に見え方が変わってくるかも。(そう思いたい)

着用イメージ

シンプルなパーカーだけに外しようが無いと思ったんだけどな。。やっぱ試着は大事ですね。

ぼく
カンガルーポケットが無い点も”やや”マイナス。

そんな感じで。終わりッ!!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください