ワークスタットミュンヘン|どんなコーデにもハマるシンプルなネックレスを購入。【メンズおすすめブランド】

【メンズおすすめブランド】きれいめやカジュアル、ストリートなど、どんなコーデにもハマるシンプルなネックレス(シルバーアクセサリー)を購入。その名はWERKSTATT:MUNCHEN(ワークスタットミュンヘン)。

きれいめからカジュアルまで、どんなスタイルにもばっちりハマるアクセサリーを購入しました。(商品レビューだけ見たい方はこちらをクリック→レビューに飛ぶ▼

種類はネックレス。つまり目的は、首回りの補強(アクセント付け)です。

WERKSTATT:MUNCHEN(ワークスタットミュンヘン)のシルバーアクセサリー|ネックレスの着用イメージ

着用イメージ

シンプルなデザインのものを選んだ理由としては、服とのケンカを防ぐため。

…というのも、ぼくの持っているトップス(上半身の服)は、シンプルなものから、デザイン的にインパクトの強いものまで様々。

シンプルな服であれば、主張の強いアクセサリーをつけていても、それがコーデの”良いアクセント”になりえますが、インパクトの強い服だと、互いに主張しあい途端に”悪目立ち”する訳です。

(服の種類によって)いちいち付け替えるのも手間なので、”ひとまず”どのコーデとも相性抜群な万能型、つまりシンプルなデザインのものをチョイスしました。

WERKSTATT:MUNCHEN(ワークスタットミュンヘン)のシルバーアクセサリー|ネックレス全体

若干ひねりはありつつも、主張は少なめ。

・・・

当初、ネックレスは”マルジェラ”の「アノニマス ID タグ ネックレス」か「ダイスネックレス」を購入する予定でしたが、いずれも人気YouTuberが着用していることもあり、値段が高騰。つまり「プレ値化」しています。

定価の数倍のお金を出して買うのはアホらしいので、イチから探しました。

そこで見つけたのが、今回購入したジュエリーブランド「WERKSTATT:MUNCHEN(ワークスタットミュンヘン)」です。

 

WERKSTATT:MUNCHEN(ワークスタットミュンヘン)とは

ブランド名に「ミュンヘン」とついている通り、ドイツ発のブランドです。

デザイナーはKlaus Lohmeyer (クラウス・ローマイヤー)さん。

スタートは1998年なので、今年で23年目ですね。

全体を通してのイメージはワイルドで無骨、なのに上品。作品は「重厚感たっぷりのハードボイルド」なものから「シンプル、かつ、繊細」なものまでバリエーションに富んでます。

リングやネックレスなどのアクセサリー以外にも、財布やニット帽などのアイテムも展開。いわゆる小物に特化したジュエリーブランドですね。

このブランド(ワークスタットミュンヘン)の魅力は、熟練の職人が1点1点手作業で製作しているため、1つとして同じものがない点。ハンドメイドならではの”ゆらぎ”のある味わいを堪能できます。

・・・

このブランドを知ったきっかけは、ベルギー発のファッションブランドである「アン・ドゥムルメステール

ぼくは、昔欲しくて買えなかった服をオークションなどを利用して、ちょこちょこ買っていくのが趣味なのですが、アン・ドゥムルメステールのアーカイブもその候補の内の一つ。

…といっても、服は”ロックスター”ばりの雰囲気を身にまとってないと着こなすのが難しいため、狙っている作品は、カバンや靴、アクセサリーなどの”小物”です。(とりま 汚れ加工スニーカーが欲しい…)

ネックレスを買いたいと思った時、まず思いついたのはこのブランドでした。

それで、アン・ドゥムルメステールの名作「鍵ネックレス」にたどり着いたのですが、関連キーワードで「ワークスタットミュンヘン」が紐づけられていたんですよね。

…というのも両者は2006年にコラボしているため、より広く検索に引っかかるよう、出品者が対策をしていた訳です。それで知りました。

ぼく
数珠(じゅず)繋ぎのように知識が広がっていくのがインターネットの醍醐味ですね。

 

WERKSTATT:MUNCHEN(ワークスタットミュンヘン)のネックレス|商品詳細・レビュー

WERKSTATT:MUNCHEN(ワークスタットミュンヘン)のシルバーアクセサリー|ネックレスのペンダントトップ

ペンダントトップ

価格は、50,600円(税込)

素材は、シルバー925 。つまり、銀が92.5%、残りの7.5%は強度を高めるため、銅などの素材使用されています。

ぼく
いわゆる合金(ごうきん)ってやつですね。

燻し(いぶし)や”くすみ”など、退廃的な雰囲気を醸し出していたため、初見で見た時は、モードブランドが好んで使う素材「真鍮(しんちゅう)」を利用しているのかと思いましたが、まごうことなき「シルバーアクセサリー」とのこと。

WERKSTATT:MUNCHEN(ワークスタットミュンヘン)のシルバーアクセサリー|ネックレスの留め具

留め具。最初は留めるのに苦労した…

「小ぶり」で「シンプルなデザイン」なので、性別問わずどんな服装にでも合うし、着ける人を選ばないかと。多くの方にオススメできる逸品ですね。

・・ 以下、余談 ・・

アクセサリーに数万って高い…と思うかもしれませんが、服と違って、服飾雑貨(カバン、靴、アクセサリー)は露骨に値段の差がでます。つまり誤魔化せません。

そのため、安価なものを買う位なら、多少お金を払ってでも良いものを買った方が良いと思う派です。

そんな感じで。終わりッ!!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください