日曜、午後、6時半。のロゴ

Google オプティマイズ – ABテストの結果をアナリティクスで確認する方法

Google OptimizeのABテストの結果をアナリティクスで確認する方法

アナリティクスでもオプティマイズで行ったABテストの結果を見ることはできます。

まぁ、結果の”優劣”のみを知りたいのであれば、どちらのツールで確認しても問題ないかと思いますが、特定のユーザーに絞って分析をするのであれば、アナリティクス側で確認するのは必須です。

確認方法は以下の通り。

  • STEP.1
    Googleオプティマイズの画面上でGoogleアナリティクスの「ID」をコピー

    オプティマイズの画面でアナリティクスのIDをコピーします。

  • STEP.2
    Googleアナリティクスの画面上で「すべてのユーザー」をクリック

    アナリティクスの画面を開き、「セグメント」から「すべてのユーザー」をクリックします。

  • STEP.3
    「+新しいセグメント」をクリック

    「+新しいセグメント」ボタンをクリックします。

  • STEP.4
    「条件」をクリック

    「条件」をクリックします。

  • STEP.5
    「条件」を入力

    「条件」を以下の通り設定します。

    テストID含むコピーしたGoogleアナリティクスの「ID」を貼り付ける
    パターン含む0 もしくは 1
  • STEP.6
    「セグメント名」を入力し、「保存」ボタンをクリック

    新しい「セグメント名」を入力し、「保存」ボタンをクリックします。

  • STEP.7
  • これで「ABテストを行ったユーザー」だけに 解析データを絞ることができる。

    「ABテストを行ったユーザー」だけに解析データを絞ることができます。

 

ちなみに、解析の対象を「新規ユーザー」 or  「リピーター」に限定したい場合は、条件に「ユーザータイプ」を追加し、以下の通り入力することで、対象を絞ることができます。

 解析の対象を「新規ユーザー」、もしくは「リピーター」に絞る

テストID含むコピーしたGoogleアナリティクスの「ID」を貼り付ける
パターン含む0 もしくは 1
ユーザータイプ含むNew Visitor もしくは Returning Visitor

このような感じでアナリティクスを使うと、特定のユーザーに絞ってABテストの結果を見ることができます。

対象を絞れるので行動フローを使い、セグメントごとの動きの差を検証してみると、何かしらの改善点が見えてくるかもしれませんね。その他にも活用方法は色々あるかと。

ぼく
「結果」はオプティマイズ、「考察」にはアナリティクスを使うと、精度が高い「結論」にたどり着きやすくなるかと!

そんな感じで。終わりッ!!

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください