【https化】.htaccessがない!? Macでリダイレクト設定を行う際の注意点。

301リダイレクト

先日、独自SSLを導入し、ブログのURLを「https」に変更しましたが、

URLをhttpsに変更

複数の設定を行う必要があり、中々大変でした。

 

その内の一つが「301リダイレクト(※)

“旧”URLにアクセスしてきたユーザーを、自動的に”新”URLへ転送させる仕組みです。また、この設定を行うことで、”旧”URLで培ったSEOの評価を引き継ぐことができます。

 

.htaccessのアイコン

“301リダイレクト”設定を行うには、「.htaccess」というファイルにステータスコードを記述する必要がありますが、

Macの場合、「.(ドット)」からはじまるファイルは、”不可視ファイル”と呼ばれ、初期設定では”非表示”となっています。

不可視ファイル

ぼく
ファイルがそもそも見えないので、コードを追加することができない。

 

ここで気をつけなくちゃいけないのが・・・

このファイルは「存在しているけど、見えていないだけ」ってこと。

 

これを知らないと以下の様な事態を引き起こす可能性が…


.ataccess_誤った設定方法

ぼく
コレ実際やりかけた…

 

なので、リダイレクト設定を行う際は、元々ある「.htaccess」を表示させる必要があります。

 

.htaccessの表示の仕方

①:画面上部にあるメニューバーの「移動」から「ユーティリティ」を選択します。

ユーティリティを選択


②:「ターミナル」を選択します。

 ターミナルを選択



③:ターミナルに「コマンド」を入力します。

入力前の画面。

ターミナルの設定画面

初期画面(入力前)

下記の「コマンド」を入力します。

defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles true
killall Finder

ぼく
コピーしてそのまま貼り付けちゃってください。

defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles true killall Finderと入力

入力後の画面

ぼく
入力したコマンドの下にある「killall Finder」は、自動的に表示されるコマンドです。自分で入力する必要はありません。

「enter」キーを押します。


↓すると…


④:デスクトップやフォルダの中に「.(ドット)」からはじまるファイルが表示されます。

不可視ファイルが表示される。

これにて終了。

 

あとは、利用しているレンタルサーバーから「.htaccess」を自分のパソコン上にダウンロード。

ダウンロードした「.htaccess」にステータスコード「301」を記述し、元々あった場所にアップロード。

これによりデータが上書きされるので、「301リダレクト」の設定が完了となります。

ぼく
リダイレクト設定に関しては、別記事でまとめる予定。詳細を書くと、本題から外れるし、記事も長くなるので割愛します。

 

リダイレクトを設定した後は、再び”非表示”設定へ

リダイレクトの設定後、不可視ファイルを再び”非表示”にしましょう。

ぼく
邪魔でしかないので。

 

再びターミナルを起動。

ターミナル

そして、下記「コマンド」を入力します。

defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles false
killall Finder

ぼく
先ほどと同様、コピーしてそのまま貼り付けて下さい。


defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles false killall Finder

入力後の画面

「enter」キーを押します。


↓すると


.htaccessが再び非表示に

再度「.(ドット)」からはじまるファイル(不可視ファイル)が非表示となります。


 

まとめ

301リダイレクトは必須

https化にあたり、リダイレクトの設定は必須。


が!!


.htaccessファイルはmacでは見えない

リダイレクト設定に必要な「.htaccess」はMacでは”見えない”ファイル。


なので、


ターミナル

ターミナルを起動し、「コマンド」を入力。


すると、


.htaccessが見える様になる

「.htaccess」が見える様になります。


ぼく
あとは、元々ある「.htaccess」にステータスコードを記述し、データを上書きするだけ。

 

これは「WEB」に関する専門的な知識や技術がないと、分からないと思います。

「.htaccess」の設定をミスることで、サイト上に不具合が起きなければいいですが、

そうは問屋が卸さない。

大概”エライ事”になります。

ぼく
つい先日、会社のサイト上でリダイレクト設定をミスって、無限ループを発生させたぼくが通りますよー。

ぼく
画面上には”リダイレクトが繰り返し行われました。”の表示のみ。マ・ジ・で気絶しそうになった。

 

なので、安易にコードを”記述しない”、”上書きしない”。

そして、やるからには最新の注意を払いましょう。

 

無事に「https化」できることを願って。それでは!