Googleアドセンスの審査に合格。1次〜2次審査の合否のポイントをまとめてみた。

Google AdSense合格

まず結論から話します。

Google AdSense(グーグルアドセンス)の合格を目指すに当たり、色々調べましたが、やれ「審査中は毎日更新しろ!」だ、「画像は貼るな!」だ、「シェアボタンは外せ!」だ、

 

適当な情報多すぎなんじゃー(#゚Д゚)ゴルァ!! 

ってのが率直な感想。

 

はい、じゃあ、巷で言われているポイントを論破していきますねー。


  1. 審査中は毎日更新。
  2. →はい。嘘。毎日更新しなくても全然良いよ。

  3. 最低1,000文字の記事を5本以上用意する
  4. →「最低1,000文字」これは納得だけど、5本は少なすぎる。1記事1,000文字の記事で勝負するならば、30記事は欲しいところ。

  5. リンク(内部リンク&外部リンク)はどこにも貼らない。
  6. →はい。嘘。貼っても全然問題無いよ。

  7. デザインもいじらない
  8. →あっ、これは試してない。ただ、審査前と同じ「WordPressテーマ」を使用してる限り問題は無いと思う。ぼくは、トップページの記事レイアウトを審査期間中もちょこちょこ変えてましたが、無事合格しました。

  9. 画像は貼らない。テキストオンリー
  10. →はい。嘘。貼っても全然問題無いよ。

  11. ブクマ、はてなスター、Twitter、FB等のシェアボタンはすべて外す。コメント欄も閉じる
  12. →はい。嘘。シェアボタン・コメント欄があっても全然問題無いよ。


ハァハァ(゚Д゚;)ゼェゼェ(-Д-;)

えぇ、もうほんとこんな感じです。

合格した今振り返ってみるとこれらの情報は間違っていると断言できる。

 

何故断言できるのか?それは、ぼくが上記に書かれている内容を全く守らなくても合格できたから。

ここからは、僕が「合格」に至るまでの道のりを書いていきます。

 

それではいってみましょー!

 

1回目の審査

1次審査(不合格)

運用期間 2週間
総記事数 9記事
総文字数 33,910文字(1記事当たり3,767文字)
総画像数 162枚(1記事当たり18枚)※他サイトから取得してきた画像は全て引用元を明記しています。
アフィリエイトリンク 22(1記事当たり2.4個)
You Tube埋め込み数 3個

 

なぜ「不合格」になったのかを考察(1次審査)

1次審査の不合格の原因は、以下のどちらか、もしくは両方に該当する場合。


  1. 不十分なコンテンツ
  2. Google のポリシーに準拠していないサイト

今回送られてきた不合格の通知内容は、「2」

Google AdSense_1次審査不合格

ぼく
ポリシーに準拠していない・・・ うん、あの記事だな

 

上の記事は、書いてる段階で、「これ、アウトじゃね」 と思いながら書いてました ww タイトルに「しみけん」と書いてある時点でお察し。 

ぼく
男なら分かる筈。「誰?」って方はリンク先に詳しく書いているので、そちらで確認を。 

 

Googleのポリシーに準拠する(定められている)内容は、全部で8項目ありますが、

  1. お客様自身でご自分の広告をクリックしないでください。
  2. ご自分の広告をクリックするよう他のユーザーに依頼しないでください。
  3. アダルト コンテンツ、暴力的または不適切な表現、薬品(アルコールとタバコを含む)、著作権で保護されているコンテンツなど、掲載が禁止されているコンテンツをサイトに含めないでください。
  4. AdSense コードを変更しないでください。
  5. ウェブマスターの品質に関するガイドラインに必ず従ってください。
  6. ユーザーの利便性を高めてください。
  7. コンテンツを超える数の広告をページに配置しないでください。
  8. 広告に関連していると誤解させるような方法で、広告の近くに画像を配置しないでください。

引用:ポリシーに準拠する(Google)

 今回該当(ポリシーに抵触)したのは「3」と判断し、該当の記事を「非公開」にしました。

該当の記事は現在「公開」しています。但し、Google AdSense(グーグルアドセンス)広告を「その記事だけ」表示させない様にしています。
  

↓そして、2週間後「2回目の審査」にTRY!

 

2回目の審査

1次審査(合格)

運用期間 1ヶ月
総記事数 13記事
総文字数 51,622文字(1記事当たり3,970文字)
総画像数 187枚(1記事当たり14.3枚)※他サイトから取得してきた画像は全て引用元を明記しています。
アフィリエイトリンク 28(1記事当たり2.1個)
You Tube埋め込み数 4個

1回目の審査から2週間後にした理由は、不合格の通知が来てからすぐに再審査の申請をしても、意味がない(不合格になる)という記事を何度となく見かけたから。

 

ちなみに1回目の審査時との変更点は・・・


ポリシーに準拠していない記事を「非公開」

4記事追加(17,712文字追加)


ぼく
改善した甲斐もあって合格!その日の内に2次審査の手続き!

 

↓5日後「2次審査」の結果が!

 

2次審査(不合格)

運用期間 1ヶ月 
総記事数 15記事
総文字数 62,954文字(1記事当たり4,196文字)
総画像数 293枚(1記事当たり19.5枚)※他サイトから取得してきた画像は全て引用元を明記しています。
アフィリエイトリンク 31(1記事当たり2個)
You Tube埋め込み数 4個

 

なぜ「不合格」になったのかを考察(2次審査)

不合格通知の内容は「プログラムの条件が満たされていないことがわかりました。プログラムのご利用を承認させていただくことができません。」

ぼく
なるほど・・・分からん。

 

まず考えたのは、以下3つ。


  1. コンテンツ量の不足(記事数が足りない)
  2. 広告を貼りすぎ
  3. プライバシーポリシーの記載が無い

①:コンテンツ量の不足(記事数が足りない)について

アドセンスの審査に当たり、様々な記事(ブログ)を見ました。

それらの内容を集約すると、1,000文字以上の記事を、最低「5〜10記事」、できれば「30記事」作成しなければならない。となっています。

 

記事数に関しては、この時点で「15記事」と最低の基準はクリアしており、文字数の平均も「4,196文字/1記事」と大幅にクリア。

ぼく
問題ない筈。

 

②:広告を貼りすぎについて

以前は「1ページに広告は3つまでしか貼ってはいけない」という規約がありましたが、

2016年の8月にその条件が撤廃されました。

 

今回の審査に当たり、広告を貼り付けた位置は以下の通り


パソコンで見た場合

Google AdSense_広告貼付位置_PC

ぼく
トップページに3箇所。記事ページに4箇所。

 


スマートフォンで見た場合

Google AdSense_広告貼付位置_スマホ
ぼく
トップページに2箇所。記事ページに3箇所。

無難な配置。むしろ記事中に広告を差し込んでいない分、平均よりは少ない。

ぼく
問題ない筈。

 

③:プライバシーポリシーの記載が無い

アドセンスやアナリティクスなどのGoogleのサービスを利用している場合、

個人のブログといえど、プライバシーポリシーの設置が義務付けられています。

ぼく
Googleだけでなく、アマゾンやA8.netなどアフィリエイトサービスを利用するのであれば、プライバシーポリシーの掲載は必須。


↓詳細はこちら

必須コンテンツ - AdSense ヘルプ
Google 広告 Cookie Google では、Cookie を使用して、Google のパートナー ウェブサイト(AdSense 広告を掲載するウェブサイトや Google の認定広告ネットワー

 

うん、これだな!

 

↓1ヶ月後「3回目の審査」にTRY!

 

3回目の審査

1次審査(合格)

運用期間 2ヶ月
総記事数 21記事
総文字数 88,492文字(1記事当たり4,213文字)
総画像数 401枚(1記事当たり19枚)※他サイトから取得してきた画像は全て引用元を明記しています。
アフィリエイトリンク 55(1記事当たり2.6個)
You Tube埋め込み数 6個
ぼく
1次審査は当然合格。
ぼく
その日の内に2次審査の手続き!

 

↓3日後「2次審査」の結果が!

 

2次審査(合格)

運用期間 2ヶ月
総記事数 21記事
固定ページ 5ページ追加(プロフィール、プライバシーポリシー、サイトマップ、カテゴリー、タグ)
総文字数 88,492文字(1記事当たり4,213文字)/  固定ページ:6,499文字
総画像数 401枚(1記事当たり19枚)/  固定ページ:6枚  ※他サイトから取得してきた画像は全て引用元を明記しています。
アフィリエイトリンク 55(1記事当たり2.6個)/  固定ページ:6個
You Tube埋め込み数 記事:6個/  固定ページ:4個
広告の貼り付け位置 2回目の審査の時と同じ

(ง°`ロ°)งよっしゃぁぁ!!

尚、1次審査が合格してから、2次審査の結果が発表されるまでの期間、ブログの更新は行いませんでした。

その代わり、固定ページ(プロフィール、プライバシーポリシー、サイトマップ、カテゴリー、タグ)を追加しました。

ぼく
プライバシーポリシー以外は特に重要ではないよ。

 

アドセンスの審査はこれにて終了。

2次審査に合格した時点で、自分のブログに広告が配信されます。

 

結論(合格のポイント)

ぼく個人の感想としては、


  • 何はともあれ、いっぱい書け!
  • 但し、アダルト・禁止薬物・暴力的な表現は無しね。
  • そして、プライバシーポリシーの掲載はしましょう!

これさえ守れていれば、十分合格できると思います。

ぼく
そもそも「5〜10記事しかない」段階で広告を貼り付けても収益なんか無いよ。なので焦らず記事作りに精を出すべき。

 

ただし、下記の様な記事をいくら量産しても、合格しないと思うのであしからず。


【合格しない記事の例】

旅行

台湾旅行に行ってきたよ。「台北101、中正紀念堂、九份」を観光してきた。お土産もいっぱい買った♪ 短い滞在期間だったけど、楽しかったー!

ぼく
何その自己満足な記事   Σ⊂(゜Д゜⊂!! ォィォィ

日記的な記事を量産するのではなく、読み手にとって役立つ内容を盛り込むのが合格のポイント。

ぼく
旅行の記事であるならば、「観光地の基本情報・アクセス」などを盛り込む。また、読み手が読みやすい様に、「タイトル・小見出し」を使用し、情報の整理を行う。

 

これは、Googleという会社の特性(理念)を考えれば、納得できる筈。

Googleが提供しているのは、情報。

その中でも重要視されるのは、ユーザーにとって有益な情報。

Google は、ユーザーの貴重な時間を無駄にせず、必要とする情報をウェブ検索で瞬時に提供したいと考えています。

Google では、200 以上の要素と、PageRank™ アルゴリズムをはじめとするさまざまな技術を使用して、各ウェブページの重要性を評価しています。PageRank のアルゴリズムでは、ページ間のリンクを「投票」と解釈し、どのサイトが他のページから最高の情報源として投票されているかを分析します。

今後も世界中のあらゆる情報を検索ユーザーに提供するために開発を続けていきます。

引用:Google が掲げる 10 の事実

このことから、読み手にとって価値が無い情報ばかり載せていると「質の低いサイト」と見なされ、検索エンジン上からどんどん淘汰されていくことはもちろん、広告主にとっても不利益でしかないので、合格すらできないでしょう。

ぼく
そもそも質の低いサイトは検索で上位表示されない = ブログにユーザーが辿り着かない為、収益をあげることはできない。


読み手にとって役立つ内容の記事を量産することが、合格 & 収益化の早道。

また、役立つ内容を書くことで文字数も必然的に稼げます!

ぼく
一石二鳥!


あと、アドセンス審査用のブログを新たに立ち上げる様、推奨している記事も良く見かけますが、

2度手間でしかないので、止めましょう。

ぼく
時間の無駄でしかない。メインのブログに注力した方が絶対良い。

 

少しでもアドセンス合格を目指す皆様の参考になれば幸いです。

ぼく
終わり。