WordPress高速化|エックスサーバーの新機能「Xアクセラレータ・Expiresヘッダ」でサイトの表示速度を改善!

エックスサーバーの新機能_XアクセラレータとExpiresヘッダを使用

利用しているレンタルサーバー「エックスサーバー」から2週間連続で、新機能追加の発表がありました。

その名も「Xアクセラレータ」、「Expiresヘッダ」。

特に「Xアクセラレータ」は、最大で10倍以上のパフォーマンスが期待できるとのこと。

ぼく
エックスサーバー、半端ないって!!

…ということで、さっそく設定してみました。

Xアクセラレータの設定手順

  • STEP.1
    サーバーパネルへログイン
    サーバーパネルへログイン
  • STEP.2
    Xアクセラレータをクリック
    Xアクセラレータをクリック
  • STEP.3
    Xアクセラレータを利用するドメインを選択
    Xアクセラレータを利用するドメインを選択
  • STEP.4
    設定変更(確認)のボタンをクリック
    設定変更(確認)ボタンをクリック
  • STEP.5
    設定変更(確定)のボタンをクリック
    設定変更(確定)ボタンをクリック
  • STEP.6
    Xアクセラレータの設定が完了
    Xアクセラレータの設定が完了

続いては、Expiresヘッダの設定。

Expiresヘッダの設定手順

  • STEP.1
    ブラウザキャッシュ設定をクリック
    ブラウザキャッシュ設定をクリック
  • STEP.2
    Expiresヘッダを利用するドメインを選択
    Expiresヘッダを利用するドメインを選択
  • STEP.3
    設定変更のボタンをクリック
    設定変更ボタンをクリック
  • STEP.4
    Expiresヘッダの設定が完了
    Expiresヘッダの設定が完了
    ぼく
    ただし、即座に反映はされません。最大で15分程 待つ必要があります。

設定完了。

続いて、どれだけ改善されたのか「PageSpeed Insights」、「TestMySite」で設定前後の読み込み速度を比較します。

「PageSpeed Insights」で設定前後の読み込み速度を比較

まずは、モバイル(スマホ)

PageSpeed Insightsで設定前後のモバイルの読み込み速度を比較

 

続いては、PC(パソコン)

 PageSpeed Insightsで設定前後のPCの読み込み速度を比較

ぼく
び、微妙だな。。。

続いては「TestMySite」で比較。

「TestMySite」で設定前後の読み込み速度を比較

TestMySiteで設定前後のモバイルの読み込み速度を比較

ぼく
だよねー(棒)

まとめ

はい。ということで、エックスサーバーの新機能である「Xアクセラレータ」、「Expiresヘッダ」の機能を設定しましたが、読み込み速度は、それほど改善されませんでした。

ただ、ぶっちゃけ、設定する前からそれほど改善はされないだろうなーと思ってはいました。

なぜなら「Expiresヘッダ」、「Xアクセラレータ」ともにキャッシュを利用した高速化機能だから。

MEMO
キャッシュというのは、一度訪れたサイトの画像やHTMLファイルなどをパソコンの中に一時保存することで、2回目以降の訪問時、サーバーを介すことなく、訪れたサイトが表示される仕組みのことです。

Expiresヘッダは「ブラウザキャッシュ」、Xアクセラレータは、どんな技術を用いて高速化しているかを明示していませんが、仕様を見る限り、キャッシュぽいんですよね。

ぼくの場合、ブラウザキャッシュに関しては、既に対策済み。

Xアクセラレータは、キャッシュデータがどこに保持されるか分かりませんが、なんというか…所詮キャッシュですからね…

根本的は速度改善とは違う…(CPUのアップグレードなどサーバー自体のパフォーマンスが上がった訳ではないので。)

とはいえ、”やらない”よりは”やった”方がいいことは間違いないので、エックスサーバーを利用している方は、「Xアクセラレータ」、「Expiresヘッダ」ともに設定しましょう。

ぼく
無料だしね。

そんな感じで。終わりッ!!

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください