【WordPress】スマホの表示速度が大幅改善!ロリポップユーザーはコンテンツキャッシュ機能を利用すべし。

コンテンツキャッシュ機能(ロリポップ)

Googleが今年の7月からモバイルの検索ランキングの指標に「サイトの表示速度」を加味することを明示してからというもの、色々と試行錯誤をしています。

Google フレンドリーなサイト制作・運営に関するウェブマスター向け公式情報

特にスマホ。

このブログに訪れている方の「70%」はスマホから。なので、モバイルのランキングが落ちる=大打撃な訳です。

なんとかならんかな〜と思ってたら、利用しているレンタルサーバー(ロリポップ)から嬉しいお知らせが。

WordPressが24倍速い!

24倍…だと……?

ぼく
乗るしかない、このビッグウェーブに!

という訳でさっそく設定しました。

以下、設定方法です。

コンテンツキャッシュ機能の設定方法

①:「ユーザー専用ページ」にログインします。

ロリポップ_ログイン画面

②:「サーバーの管理・設定」→「コンテンツキャッシュ」をクリックします。

コンテンツキャッシュ機能の設定

③:「コンテンツキャッシュ機能を適用したいドメイン」の右横に表示されている選択ボタンを「OFF」から「WP」に変更します。

コンテンツキャッシュ機能の設定2

ぼく
WordPress以外でサイトを構築している方は「静的」をクリックしてください。

④:画面上部に「WPキャッシュが有効になりました」と表示されます。

コンテンツキャッシュ機能の設定3

設定変更の反映に5分程かかりますので、しばらく待ちます。

⑤:設定変更完了後、「キャッシュ削除」をクリックします。クリックすると、画面上部に「キャッシュ削除が完了しました」と表示されます。

コンテンツキャッシュ機能の設定4

これでコンテンツキャッシュ機能の設定は完了です。

 

コンテンツキャッシュ機能を設定後、どれくらい速くなったのか!?

まずはモバイル(スマホ)から。

PageSpeed Insights」で設定前後のスコア(点数)を比較すると…

コンテンツキャッシュ機能導入前後でモバイルのPageSpeed Insightsのスコアがどう変わったのかを比較

ぼく
めっちゃ改善されてる!!

 

パソコンは…

コンテンツキャッシュ機能導入前後でパソコンのPageSpeed Insightsのスコアがどう変わったのかを比較

ぼく
イーブン…

はい、てな訳で「モバイル(スマホ)」のスコアが大幅に改善されました!かなり嬉しい。

 

…とはいえ、キャッシュを利用して表示速度を速くしてるだけなので、初回訪問の方には関係ないのが辛いところ。

↓キャッシュの仕組みとはいわばこうです。

キャッシュの説明

なので、コンテンツキャッシュ機能が有効なのは「1度訪問してくれた方が、再度訪れた場合のみ」。要はリピーターだけが対象なんですよね。

このブログに訪れている方の「80%」は新規ユーザーの為、根本的な改善には繋がってはいないという…

う〜ん。難しい…

次なる対策はレンタルサーバーの移転かな… めんどくせぇ…

ぼく
とはいえ、コンテンツキャッシュ機能の恩恵は大きいので、ロリポップユーザーであれば利用しない手は無いです。料金も無料ですし。

そんな感じで。終わりッ!

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください