【ユニクロ×JWアンダーソン】ロエベのデザイナー監修の上品なセーターを購入|感想や写真など

【ユニクロ×JWアンダーソン2020秋冬】ロエベのデザイナーが監修した上品なクルーネックセーターを購入|感想や写真など

ユニクロとJW Anderson(ジェイ ダブリュー アンダーソン)のコラボセーターを購入しました。

ルメール監修のライン「ユニクロU」では、ちょこちょこ購入しているものの、JWアンダーソンは初。

理由は、パンチの効いた、いわゆるデザイン性が高いアイテムばかり”リリース”されてるイメージだったからです。

パンチが効いてるデザインって、高価な素材で成り立つイメージで、安価な素材だと目も当てられません。

ユニクロの企業努力は凄まじいものの、本家”ロエベ”に比べると、(生地にかける)コストの差は歴然です。

ぼく
価格差が、ゆうに10倍以上あるので当たり前ですが。

それで、敬遠…というかチェックすらしてなかったのですが、ベーシックで使いやすいアイテムを見つけちゃいました。

てな訳で感想をば。

【ユニクロ × JWアンダーソン -2020秋冬-】スフレヤーンクルーネックセーター|感想や写真など

【ユニクロ×JWアンダーソン2020秋冬】ロエベのデザイナーが監修した上品なクルーネックセーター|前面の写真

価格は、2,189円(税込)。素材は、アクリル、ナイロン、ウール、ポリウレタン。

ぼく
天然繊維と化学繊維の混合ですね。

色は、公式では「ベージュ」となっていますが、「キャメル」の方が近いような…

【ユニクロ×JWアンダーソン2020秋冬】ロエベのデザイナーが監修した上品なクルーネックセーター|背面の写真

サイズは「XL」をチョイス。レディースの商品なのでワンサイズ上を選びました。

肩幅は約48cm、身幅65cm、着丈が約66cm。

身長173センチ、体重61kgのぼくからすると、”やや”ゆとりのあるサイズ感となります。


着用した感想は、最高の一言。

老若男女問わず誰でも似合うシンプルなデザイン、かつ、シルエットもめっちゃ綺麗。

そして、ネックラインには、スウェットシャツみたく”Vガゼット”がついており、カジュアルなテイストも若干ミックスされてます。

【ユニクロ×JWアンダーソン2020秋冬】ロエベのデザイナーが監修した上品なクルーネックセーター|ネックライン

遊び心満点

ドレスダウンの要素をこういった形でさりげなく入れるところにセンスを感じますね。”ありそう”、だけど”ない”もんな〜。

この冬、+J(プラスジェイ)のパンツやmasao shimizuのジャーマンと合わせ、ゴリゴリに着倒す予定です。

そんな感じで。終わりッ!!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください