【シン・エヴァ】声優陣の舞台挨拶(ライブ中継)を鑑賞|内容・感想まとめ

【リポート】シン・エヴァンゲリオン劇場版:||の舞台挨拶生中継ライブビューイングを鑑賞!豪華声優陣が大集結|内容や感想など

シン・エヴァンゲリオン劇場版:||の舞台挨拶に行ってきました。(感想をサクッと見たい方はこちら→感想に飛ぶ▼

声優陣が集う…ということで、できれば現地(東京)で見たかったですが、コロナ禍、かつ、チケット争奪戦が容易に想像できたので、中継を選択。

ただ、それすらも、”予約開始時間”直後は、アクセス過多でサイトに中々繋がらず、かなり焦りましたが、無事GET。

上映開始時間は9時、かつ、都心の映画館を避けたため、朝一から電車を乗り継ぎ、遠方の映画館へ。

シン・エヴァンゲリオン劇場版:||の掲示板

トータル3時間45分…!

てな訳で感想をば。

登壇者は以下の通り ※敬称略

  • 緒方 恵美(碇 シンジ役)
  • 林原 めぐみ(綾波 レイ役)
  • 宮村 優子(式波・アスカ・ラングレー役)
  • 三石 琴乃(葛城 ミサト役)
  • 山口 由里子(赤木 リツコ役)
  • 石田 彰(渚 カヲル役)
  • 立木 文彦(碇 ゲンドウ役)
  • 岩永 哲哉(相田 ケンスケ役)
  • 岩男 潤子(洞木 ヒカリ役)
  • 長沢 美樹(伊吹 マヤ役)
  • 優希 比呂(日向 マコト役)
  • 伊瀬 茉莉也(北上 ミドリ役)
  • 勝 杏里(多摩 ヒデキ役)
  • 山寺 宏一(加持 リョウジ役)

【シン・エヴァンゲリオン劇場版】声優陣の舞台挨拶・生中継ライブビューイングを鑑賞|内容や感想など

個人的に一番ツボだったのは、赤木 リツコ役「山口 由里子(やまぐち ゆりこ)」さんがおっしゃっていた「殺らなきゃ殺られる」です ww

ゲンドウを躊躇(ちゅうちょ)なく発砲するシーンについての感想ですね。

頭をぶち抜いたのに死んでないわ。何なら脳みそを拾うわ…で怯(ひる)んでしまい、その怯みが声にのってるそうです。

そのため、NG食らうと思っていたようですが、予想に反し1発OKだったとのこと。

…が、自分では納得いっていないため、それが未だに心残りだそうです。

ぼく
ここは旧劇と対比的に描かれているので、非常に印象に残っているシーンです。それだけに感想を聞けて良かった…

あと、山口さんの感想で印象に残っているのは、ミサトとのお別れのシーン。

葛城 ミサト役「三石 琴乃(みついし ことの)」さんとは、現場で一緒になることが多く、それだけに最後言葉を交わすシーンは、かなり感極まったとのこと。

結果、何テイクかは、感情がのってしまい、庵野監督から「リツコじゃないよね…」と窘(たしな)められたそうです。

後日、採用されたものを聞くと、一番あっさりした言い方が選ばれており、「ですよね」と思ったとのこと。

ぼく
山口さんと三石さんが顔を見合わせ、オードリーみたいに「えへへ」と笑いあってたのが印象的でした。戦友って感じがして良かった。


続いて、印象に残っているのは、渚 カヲル役「石田 彰(いしだ あきら)」さん。

声から受ける印象で、クールな、いわゆるGACKTみたいな人なんだろうな〜と思ってたら、めっちゃ面白い人でした。

石田さんで印象に残ってるのは2点。

1つは、シン・エヴァの感想を振られた時の感想が、「ゲンドウくゥゥン!!」とイケボ、かつ、大声量で言ったこと。

これには、会場大爆笑。

ちなみに、このセリフには、「寂しいのは分かる、分かるよ。でも、お前何してくれてんねん!!」の意味が込められています。

2つ目は、渚 カヲルの役割について。

レイやアスカなど、他のエヴァパイロットと違い、終劇に向けて舞台を整える、それが渚 カヲルの役割だったのではないか…と。

シンジに幸せになって欲しくて、いろいろ立ち回ったけど、最終的にシンジは自分の力で幸せになった。

それで、カヲルの役割は終わった…と思ったそう。

さらに、止めを刺すかのごとく、(劇中で)シャッターがガシャーンと閉まるもんだから、そこで、本当に終わったと感じたそうです ww


続いて、印象に残っているのは、綾波 レイ役「林原(はやしばら) めぐみ」さん。

アフレコブースにいる時は、完全に「ON」の状態なのか?の質問に対し、意識してない。覚えてない。とのこと。

これは、「プロフェッショナル 仕事の流儀」を踏まえての質問。

番組内で、アフレコの様子が流れていましが、庵野監督の指摘に対し、「林原 めぐみ」ではなく、明らかに「綾波 レイ」で返答してるんですよね。

とても印象に残ったシーンだったので、そこに言及してくれたのは嬉しかったです。

ただ、林原さん、おそらく「プロフェッショナル 」を見ていなかったのか、この質問を振られ、やや困惑してたんですよね。

その困惑ぶりを察し、山寺 宏一(やまでら こういち)さんが即座にフォローしたのは、さすがだなーと思いました。

ぼく
「この人イタコ声優ですからね!」「やめてください!」のやりとりが微笑ましかった。

あと、林原さんで印象に残っているのは、破までの綾波と、Q以降の綾波は別人。頭では分かっていても、中々切り替えれず、とても苦労したとのこと。

いわく「ポカポカ」を抜くのが大変だった…とおっしゃっていたのが印象的でした。


続いて、印象に残っているのは、碇 シンジ役「 緒方 恵美(おがた めぐみ)」さん。

大観衆を前に冗談も言えるし、場を締める総括的な内容まで言える。非常にしっかりした方だなーという印象を持ちました。

印象に残ってるのは、シン・エヴァの感想を振られ「さようなら、全ての関係者」と言ったこと ww

そして、自分はまだエヴァの世界に“(良い意味で)取り残されてる”と言ったこと。

ラスト、神木君にバトンタッチするので、緒方さんだけ、14歳のシンジ君で止まってるんですよね…

なので、監督・観客含め、送り出した気持ちでいるそうです。私はまだ作品内にいるので会いに来てね!と言っていたのが印象的でした。


キリが無いのでここからは箇条書き

  • ケンスケ役の岩永さん、ヒカリ役の岩男(いわお)さんが、再登場すると聞いた時、生きてて良かった!と思ったそう。Qのトウジのシャツ演出=死亡フラグと思い、(自分たちも)死んだと思っていたとのこと。
  • 対し、日向役の優希さん。Qで日向(+青葉・マヤ)がヴンダーのクルーになることを告げられ、寿命伸びたー!と思ったそう。
  • 加持役の山寺さん、渚(なぎさ)司令は初見時、誤植だと思ったとのこと。
  • マヤ役の長沢さん、エヴァはアニメではなく、もはや神話だと。あと、「これだから若い男は 」というセリフはこれからプライベートで積極的に使っていくとのこと。
  • ミサト役の三石さん、Qで戦艦が出てきた時に、艦と共に逝くと予想。でもエヴァだし、そんな”ありきたり”な展開にはならんだろーと思ってたら、まさかのww ただ、最後に見せ場を作ってくれて”ありがとう”という気持ちだそう。
  • アスカ役の宮村さん、(アスカが)着てる服大きかったけど、ケンケンの?てか、なぜ服を持ってこない?の質問に「いいじゃん!人じゃないし!」と返答。
  • ヒカリ役の岩男さん、ヒカリが結婚して子供も授かり幸せになってよかった…としみじみ言い、宮村さんがヒカリは勝ち組ですよ!と讃(たた)える。
  • ゲンドウ役の立木さん、テレビシリーズの時はシンジ役の緒方さんとの接触を控えてた。シン・エヴァではあえて距離を近づけたとのこと。

こんな感じかな。

レジェンド声優たちから製作秘話を聞けてとても楽しかったです。まだまだエヴァの世界に浸れそう。

ぼく
上記舞台挨拶は、マスコミ向け。一般客に向けての挨拶ではないため、”本記事”記載の内容とは一部異なります。

そんな感じで。終わりッ!!

シン・入場者特典も無事GET!

シン・エヴァンゲリオン劇場版:||の入場者特典「シン・ポスタービジュアルカード」

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください