【シン・エヴァ】監督陣の舞台挨拶(ライブ中継)を鑑賞|内容・感想まとめ

【リポート】シン・エヴァンゲリオン劇場版:||の舞台挨拶生中継ライブビューイングを鑑賞!庵野秀明ほか監督陣が大集結!|内容や感想など

声優陣の舞台挨拶に続き、監督陣の舞台挨拶​生中継ライブビューイングに行ってきました。

忘れないうちに印象に残ったことをざーっとメモ書き。

登壇者は以下の通り ※敬称略

  • 庵野 秀明(総監督)
  • 鶴巻 和哉(監督)
  • 前田 真宏(監督)
  • MC:緒方 恵美(碇 シンジ役の声優)

【シン・エヴァンゲリオン劇場版】監督陣の舞台挨拶・生中継ライブビューイングを鑑賞|内容や感想など

シン・エヴァンゲリオン劇場版:||-声優陣のサイン入りポスター

声優陣のサイン入りポスター

庵野監督

シン・エヴァンゲリオンは、以下の要素で構成されている

  • 物語上必要なもの
  • 絵的に美しいもの
  • 自分の人生に関わってきたもの
  • 自分やスタッフの好きなもの

ラストの宇部新川駅では、キハ48、クモハ42の電車を登場させているが、宇部新川駅はそもそも非電化区間(?)のため、電車があること自体がおかしい。

それでも登場させたのは、幼少の頃、見てた・乗ってた思い出のもの。それらで画面を構成したかったから。

また、ラスト_実写のシーンに”凄いお金をかけて”自分の好きなものを1つ入れている。それを探してみては…とのこと。

ぼく
ABホテルしか思いつかない…(そんなわけない)

また、自分の好きなものとして、奥さんの絵を挙げ、しれっと「安野モヨコ展 ANNORMAL」と図録の宣伝を行っていたのが印象的でした。

ぼく
愛が凄い。あと、奥さんの絵が好き…と言った時、MCの緒方さんがいい笑顔になったんですよね〜。それがとても良かった。

NHK「プロフェッショナル」のダメ出しは舞台挨拶でも。いわく…

  • 完パケした後、感謝の気持ちを伝えるため、各セクションにお礼参りしたのに”そのシーン”を撮ってない。
  • モーションキャプチャーの撮影に関しても、最終日が一番良かったのに来てない。
  • 4年間、ずーっと密着されていた訳では無く、来ていない時期も何ヶ月かはあった。

大概来るのは最初だけ。最終日は基本いない。ラストが一番いいのに。つーか良い画が撮れそうな時に限っていねぇ!!と、恨み節が炸裂 ww

ぼく
ちなみに、庵野監督・鶴巻監督ともに、プロフェッショナルは見ていないとのこと。

そんな庵野監督ですが、緒方さんから「エヴァ好きのスガシカオが、”プロフェッショナル”で庵野監督がアップになった時に自身の曲が流れた。その演出には、感極まったそう。」と伝えられたら、素直に「ありがとうございます。」と言ってました。

シン・エヴァはアニメと実写のハイブリッド。

頭の中だけでは無く、実際にある場面を切り取った上で、アニメーションを作る。それが普通のアニメにはない制作工程。

の頃からそういう構想はあり、CGなどを駆使し”ちょこちょこ”やっていたが、時間の経過に伴う技術の向上で、シン・エヴァでようやく理想的な形に。

ただ、時間とお金がかかるので、おすすめはしない。自主制作映画(!?)だから実現したとのこと。

なお、シン・ゴジラのノウハウが、シン・エヴァでがっつり活かされており、シン・ゴジラが無ければ、シン・エヴァが今の形になることはなかった。

そのため、「シン・ゴジラには感謝している。」とおっしゃっていたのが印象的でした。

ぼく
個人的には、ココが今回の舞台挨拶のハイライトでした。

¥2,500 (2021/10/28 08:08:34時点 Amazon調べ-詳細)

アフレコについて。

今回、収録は個々人バラバラ、セリフも順繰りではなく、バラバラに撮った。(コロナの関係か時間・スケジュールの都合かは不明)

…にも関わらず、映像上では掛け合いしてるように見えるのは、(声優達の)技術の賜物。

声優の演技力と力を信じ、このような形式を採用したとのこと。

ちなみに緒方さんが、「本当に大変だった…」と吐露(とろ)していたのに対し、返す刀で「緒方はまだ楽だよ!」とバッサリ切り捨てたのは笑いました。


興行収入について。

シン・エヴァの興行収入が80億を超えると、シン・ゴジラを超える。自身のレコードを更新するという意味で超えて欲しい。

また、100億を超えると、(ファミリー層の需要が薄い)ロボットアニメとしては初の快挙。

あの”ガンダム”でも達成できなかったため、夢を与えれるという意味でも100億を超えて欲しい。

それがひいては、アニメ業界の活性化になるとのこと。

ぼく
この後、緒方さん「(エヴァは)ボッチ参戦の方多いですもんね!」と煽る。

鶴巻監督

エヴァの考察について。

ゲンドウが脳みそを拾うシーンは元々無かった。これは前田監督の案。”いいな”と思い採用。

そのシーンが後に、エヴァ特番で考察された。

その考察内容が「人を捨てたゲンドウに脳みそは必要ない。なのに”わざわざ”拾ったのは、人であった頃の記憶。つまりユイを忘れたくなかったから。 (by 松澤アナ)

“ぶっちゃけ、そこまで考えてなかったが、めっちゃいい内容なので、今後それを公式の見解とする”そうです(笑)


アフレコで印象的だったのは、鈴原 サクラ役の”沢城 みゆき”さん。

シナリオ的にドラマチック、かつ、難しい場面で、鶴巻監督的にはかなり不安だったそう。

それが予想に反して1発OKでクリアしてくれた。これが1番印象に残っているとのこと。

ぼく
なんなら本番ですらない”テストテイク”のものが採用されたとのこと。

これは庵野監督の意向が反映されており、庵野監督いわく、沢城さんは、1発目に溜めてきたものを”わっと”吐き出してそこから調整していく人。

なので、1発目のテイクを採用したそうです。

ぼく
なお、鶴巻監督ですが”プロフェッショナル”放送後、めっちゃ心配されたそう。僕は元気です。と開口一番に言ったのがツボでした ww

前田監督

世に出てない”小ネタ”について。

使徒化したアスカがオリジナルのアスカに”やられる”シーンは、元々”13号機“に囚われている複製のカヲルとオリジナルのアスカ_2人に”やられる”シーンだったそう。

鶴巻監督が進めていく中で、パワーバランスが変わっていき、最終的には、オリジナルのアスカがメインとなったが、目を凝らして見ると、複製カヲルが見えるとのこと。


庵野監督は綺麗なものを描きたい。前田監督はゲンドウの”ドロドロ”したものを描きたい。

結果、めっちゃカットされたとのこと ww


シン・エヴァは実写の要素を多分に組み込んでいるが、前田監督の担当パートは主に後半。

後半はマイナス宇宙など、主に想念の世界を描いているので、実写の要素は”ほぼ”取り入れてない。アニメは自身の専門分野なので、そういった苦労は少なかったとのこと。

逆に前半パートを担当した庵野監督は、実写の経験が無いにも関わらず、プリヴィズ・モーションキャプチャなど実写の要素を取り入れているため、感覚を掴むまで本当に大変だったと思う…と労っていたのが印象的でした。


そんな感じで。終わりッ!!

ぼく
3回見たのでエヴァ活はこれにて終了。パンフレットも買えたので大満足な1日でした。

シン・エヴァンゲリオン劇場版:||のパンフレット

ようやく買えた…

舞台挨拶の映像

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください