魔法少女まどかマギカ展の感想|見所・所要時間・混み具合・グッズなど

祝10周年!魔法少女まどか☆マギカ10(展)in 大阪の感想|見所・所要時間・混み具合・グッズなど

大阪・大丸ミュージアムで開催中の「魔法少女まどかマギカ10(展)」に行ってきました。

てな訳で感想をば。

魔法少女まどかマギカ10(展) in 大阪の見どころは?

ボリュームは少ないものの、ファン垂涎(すいえん)のものがズラリと展示されています。

魔法少女まどかマギカ展 in 大阪|魔法少女の衣装、ソウルジェム、さやか&杏子のイラスト、まどか&ほむらのラフ画

イラストの展示から立体展示まで。バリエーション豊か

ぼく
アニメーションの制作過程が知れたり、イメージの元となるラフ画が展示されてたりなど、見どころは満載。

…がこの展覧会は、個々の展示物”どうこう”というより、場の雰囲気や空間含めトータルで楽しむものですね。

この展覧会で得られる一番の恩恵は「当時の思い出に浸れる」こと

なんせTVシリーズの放送から11年(!?)経ってますからね。シリーズ最新作である「叛逆(はんぎゃく)の物語」でさえ、8年以上前ですよ。

なので、見どころは全部です。下記動画の清水アナの興奮っぷりを見れば、その意味がわかる筈。

ぼく
最初の展示物は「TVシリーズのオープニング映像」。その時点で一気にもってかれました。

魔法少女まどかマギカ10(展) in 大阪の所要時間はどれくらい?

祝10周年!魔法少女まどか☆マギカ10(展)in 大阪のニュータイプ 2012年10月号表紙(谷口淳一郎作)とワルプルギスの夜戦の1シーン

ワルプルギスの夜戦の1シーン|アルティメットまどか

ぼくは「3時間」滞在しました。

↓内訳としてはこんな感じ。

滞在時間3時間の内訳
  • 展示会場を2周する
  • 音声ガイダンスを1作品につき2回聴く(13作品×2)
  • 展示物に添えられた説明文、および、キャストやスタッフから寄せられたコメントは全部読む
  • 撮影可能な展示物はおおよそ写真に収める
  • 映像作品は最初から最後まで全部見る

逆に…

  • 音声ガイダンスは聞かず、1周目は普通に見る。
  • 2周目は”気になる作品だけ”ピックアップし再鑑賞

であれば、「1時間半〜2時間」もあれば、十分見て回れると思います。

魔法少女まどかマギカ10(展) in 大阪の混み具合は?

祝10周年!魔法少女まどか☆マギカ10(展)in 大阪の混雑写真

土曜日「16時30分」の混雑状況

ぼくが会場に入ったのは、12時40分頃ですが、その時は全然混んでませんでした。

ぼく
引きで写真を撮っても人が全然入らない。それくらい空(す)いてました。

…が、14時以降は、結構混んでましたね。

展示作品をガッツリ写真に収めたい & まったり見たければ、早めの時間帯に行くことをオススメします。

魔法少女まどかマギカ10(展) in 大阪の当日券は?

魔法少女まどかマギカ展 in 大阪の当日券残枚状況

当日券の残枚状況を示す看板

ローソンチケットでは当日券の購入ができませんが、会場では販売が行われています。

また、会場の入り口付近に”当日券の残枚状況が示された看板”が設置されています。

魔法少女まどかマギカ10(展) in 大阪のグッズは?

祝10周年!魔法少女まどか☆マギカ10(展)in 大阪の購入グッズ

クリアファイルとご当地ステッカーを購入。計880円也

クリアファイルやキーホルダーなどの雑貨、図録など王道のものは一通り取り揃えられています。

あと、”その会場”限定の商品も用意されています。

ぼく
限定商品は、その地域ならではの”モチーフ”が採用されてますので、お土産には最適かと。

ただ、アニメや漫画の展覧会には付き物の”消え物(食料品)“であったり、”複製原画”などの販売は無かったです。

魔法少女まどかマギカ10(展) in 大阪の感想

祝10周年!魔法少女まどか☆マギカ10(展)in 大阪の10周年記念イラスト(岸田隆宏作)

10周年記念イラスト。キュゥべえの描き方よww

復習する事なく行ったので、約8年ぶりです。まどマギに触れるのは。

そのため、ついていけるかが”やや”不安でしたが、その不安は全くもって杞憂(きゆう)でした。

…というのも、ストーリーに沿った展示構成となっているので、鑑賞しているだけで”話のおさらい”もできるんですよね。

おかげさまで作品の世界にスッと入り込め、視聴当時の思い出を追体験しながら、鑑賞する事ができました。

魔法少女まどかマギカ展 in 大阪の劇団イヌカレーが手掛けた「魔女結界」の空間演出

劇団イヌカレーが手掛けた作品群

鑑賞していて思ったのは、相当尖った作品だなーと() まぁ、これは視聴当時も思っていましたが改めて。

まどマギの魅力って、個人的には「座組み」だと思っています。

だって…

  • 「蒼樹うめ」先生の可愛らしいテイストで描かれたキャラクター
  • エ◯ゲ鬼畜作家「虚淵玄(うろぶち げん)」氏のハードコアなストーリー展開
  • 魔女結界では「劇団イヌカレー」のコラージュアートを採用
  • アニメ制作会社「シャフト」の独特の演出

ですよ。

正直よくまとまったなと 笑 

ぼく
だからこそ、他に類を見ないオンリーワンな作品に成りえたのかと思います。

最後に大好きな「劇団イヌカレー」のビジュアルで締めたいと思います。

魔法少女まどかマギカ展 in 大阪|劇団イヌカレーが手掛けたビジュアル群

ビジュアルがとにかくイケてる

そんな感じで。終わりッ!!

魔法少女まどかマギカ10(展) in 大阪:概要

祝10周年!魔法少女まどか☆マギカ10(展)in 大阪の看板写真

会期2022年2⽉17⽇(木)~ 3⽉7⽇(月)
開館時間10:00~20:00  ※入場は19:00まで
チケット料金
一般1,300円
高校生900円
中学生700円
小学生500円
休館日
電話番号06-6343-1231
所在地大阪府大阪市北区梅田3丁目1−1 大丸梅田店15階
HP魔法少女まどかマギカ10(展)公式サイト

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください