【18きっぷ 香川県・直島(なおしま)への旅】島全体が丸ごとアート!瀬戸内海に浮かぶ芸術島を自転車・バスで観光してきたよ!

直島_赤かぼちゃ

青春18きっぷ 1泊2日の旅「島編」。

初日は「直島 (なおしま)」。前回行ったのが2011年1月なので、実に6年ぶり。

 

神戸 〜 宇野港(所要時間・アクセス)

最初の目的地は、直島行きのフェリー乗り場「宇野港」の最寄り駅である「宇野駅」

↓ルートはこんな感じ

三ノ宮駅から宇野駅

ぼく
18きっぷの為、特急は使えません。それでも3時間20分程で到着します。ちなみに新幹線に乗れば、2時間で到着しますが、料金は5,710円とほぼ倍(※)になります。 

※18きっぷ_1日分の料金は2,370円。また、18きっぷ・新幹線を使わなければ「三ノ宮 〜 宇野」は3,020円となります。

 

宇野駅に到着

時間通り(11時45分)、「宇野駅」に到着。

 

宇野駅

改札を抜け、目指すは「宇野港」

 


↓「宇野駅」から「宇野港(フェリー乗り場)」への道のりはこんな感じ

宇野駅から宇野港 

ぼく
徒歩で5分位。

 

四国フェリー乗り場

宇野港 直島行きのフェリー乗り場に到着。看板で大々的にアピってるんで、遠目からでもわかり易い 笑

 

宇野港 〜 直島・宮浦港(所要時間・アクセス)

四国フェリー_切符

乗船券を購入。

運賃 大人:290円、小人:150円
販売時間 5:30~20:25
時刻表 宇野 – 直島(宮浦)航路

 

 

四国フェリーに乗船

いよいよ・・・乗船!!

 

四国フェリー船内

船内はこんな感じで広々!ゆったりくつろげます。

ぼく
ただ、乗船時間は20分と短めだけどね。

 

四国フェリーデッキ

景色を楽しみたい方用に、船のデッキにも席が用意されています。

ぼく
さ..寒い…
友達
無理。戻るぞ。

 

冬の海風の凶悪さよ…

 

船内で缶コーヒを飲みながらダベってると、到着時間に。

四国フェリーに下船

いよいよ「直島」に上陸だー!!

 

直島(宮浦港)に到着。

宮浦港に到着したものの、ゆっくりしてる時間は皆無。

なにせ、美術館の最終入館時間は、ほとんどが午後4時台。

 

現在の時刻は「12時40分」。残り時間が少ない為、全ての美術館を廻るには到底足りない。

その為、行きたい美術館・作品を事前に絞る。

 

話し合いの末、以下4つに決定。


  • 家プロジェクト(南寺・護王神社)
  • 地中美術館
  • ベネッセハウスミュージアム

ぼく
ちなみに、「ベネッセハウスミュージアム」のみ最終入館時間が午後8時と他の施設に比べ、夜遅くまで空いてます。

 

島内はレンタサイクルで回る事に。

自転車レンタル
レンタサイクル料金 500円〜3,000円
レンタルバイク料金 2,500円〜8,500円
詳細 TVC直島レンタル 宮浦店

 

一番格安(500円)の自転車をレンタル。(※当日 午後6時までに返却する必要あり。)

ぼく
よっしゃ行くぜー!!!

お腹が鳴る音

ぼく
まずは飯を食おう。話はそれからだ (`・ω・´)((キリッ
友達
お、おう。

 

目指すは「山本うどん店」

 

お昼ご飯を食べに「山本うどん店」へ(所要時間・アクセス)


↓「山本うどん店」への道のりはこんな感じ

宮浦港から山本うどん店への道のり 

ぼく
宮浦港から自転車で10分位。

 

腹ペコの体に鞭打ち、店の前にある急な坂道を駆け上り、ようやく・・・

 

お目当ての「山本うどん店」へ到着!

山本うどん店_入り口

実はこちらのうどん屋も6年振り。なので2度目の訪問。

本格的な讃岐うどんが味わえ、前回の訪問時、あまりの美味さに驚愕した店。

 

ええ、もう正直に告白します。

ぼく
最初から行く気満々だったよ (ゝω・)vキャピ

 

ぼくの中で今回の直島旅行の目玉の一つ。

 

まず頼むは「カレーうどん+いなり寿司」。

山本うどん店_カレーうどん 山本うどん店_いなり寿司

食す。

 

ぼく
ん!? なんか違う…?前 来た時はもっと味に感動したぞ!?… あとお腹も全然満たされてない…

 

色々物足りず「かけうどん」を追加でオーダー。

山本うどん店_かけうどん

この選択が大正解。

 

ぼく
うまー!!!

 

コレが美味いのなんのって。しかも3品頼んで料金は「1140円」。

友達
安っす。

 

直島に行ったら、絶対行くべきお店です!


山本うどん店


 

「家プロジェクト」がある本村(ほんむら)地区へ(所要時間・アクセス)


↓「本村(ほんむら)地区」への道のりはこんな感じ

 本村地区への道のり

ぼく
宮浦港から自転車で15分〜20分とまぁまぁの距離。

 

家プロジェクトは全部で7軒ありますが、今回見たのは以下の2軒。


  • 南寺(みなみでら)
  • 護王神社(ごおうじんじゃ)

 

まず必要なのはチケット。

宮浦港など複数の場所で購入できますが、今回は、本村地区にある「本村ラウンジ&アーカイブ」にて購入。

 

「山本うどん店」からせっせと自転車を漕ぐこと20分・・・

 

 到着!!

 

 尚、チケットは2種類あります。


  • 共通チケット(6軒鑑賞できる):1,030円
  • ワンサイトチケット(1軒のみ鑑賞できる):410円

「ぎんざ」という作品のみ、チケットではなく、別途鑑賞料金が必要です。また、完全予約制の為、予約なしで見ることができません。(ただ、当日予約も受付している為、空きがあれば当日の予約・鑑賞も可能です。
 


3軒以上鑑賞するのであれば、共通チケットの方がお得だけど、今回 鑑賞するのは2軒。

 

よって「ワンサイトチケット」を2枚購入。

ワンサイトチケット
ぼく
しめて820円也。

 

まず向かうは南寺。

 

↓ちなみに、今回鑑賞する「家プロジェクト」の位置関係はこんな感じ。

本村地区の地図

徒歩でも十分回れる距離感です。

 

南寺へ

ぼく
本村ラウンジ&アーカイブから徒歩で5分位。

南寺

到着!!

が!

受付
次の入場は14時からです。
ぼく
おぅふ..

行ってすぐに入れる訳ではなく、15分毎の入替制であることを告げられる。(正確には15分間毎に、16名ずつの入替制。)

 

隣の公園でしばし待機。

ぼく
飽きた…

 

なので、近くの「ANDO MUSEUM(※)」へ写真を撮りに行く。

超有名 建築家「安藤忠雄」の美術館。ちなみに、「南寺・地中美術館」も安藤忠雄が設計した建物です。
 

安藤ミュージアム

パシャパシャと様々な角度で写真を撮ること10分。南寺の入場時間に。

 

南寺に入場

入場。

 

南寺の中は真っ暗

ぼく
な、何も見えねぇ…

係員の誘導に従い、右壁に手を置きながらよちよち歩きで進む。しばらく進むとベンチ。座るように促される。

「目が慣れてくると見えきますんで〜」という指示があり、しばし待機。

ボウッ。

南寺_体験

ぼく
おぉ…

右上にうっすら光る赤い光。これのコト?? 係員からの案内は無し。これじゃあ無いのか..

じーっと前を見てると、目の前にぼやーっとした白いスクリーンが映し出される。

南寺_体験2

ここで合図。

係員
はい、それでは歩いてスクリーンの前まで進んでください。 

 

前にスクリーンがぼんやり浮かんでるだけで、まったく見えない状態なのは相変わらず。恐る恐る歩く。

 

視界が無くなっただけでこんなに無力になるのか… 隣の人の足音の安心感。

 

視覚が失われたことで人の存在をより身近に感じる。

 

いや、感じ取ろうとしてる!!

 

ぼく
そうか!! これが作品の意図!!

係員
クソ違います。お客様。
 

 

違いました…

 

南寺:施設概要

開館時間 10:00~16:30(最終入館 16:15)
休館日 月曜日 ※ただし、祝日の場合開館、翌日休館
カレンダー 開館カレンダー

 

続いて向かうは護王神社。

 

護王神社へ

八幡神社

護王神社は高台にある為、行くのはちょっと大変。道中にある長ーい石段を上り、「八幡神社」を抜けると・・・

 

 

護王神社に到着

到着!!

家族連れが1組だけで他は全く人がいない状態。

この時期(1月)の鑑賞は待ち時間がなく、ノンストレスで回れるのが良い。(夏とか想像したくない…)

 

係員
チケット確認します。あと、鑑賞後、またここまで戻って来てくださいね〜。

 

護王神社

近づく。そして・・・

 

護王神社_ガラスの階段

目玉であるガラスの階段を 激写激写激写

 

 

満足し、戻ると係員から懐中電灯を渡される。

係員
この道を下って行くと洞窟があります。洞窟内は暗いので懐中電灯を照らして進んで下さい。ただ、今は他のお客さんが入られてるんで、その方達が出てきてから入って下さいね〜。

 

洞窟前の所定の位置で待機。5分程で前のお客さんが出てくる。

護王神社_洞窟

IN。(内部は撮影禁止の為、写真はなし。)

洞窟内を進むと、見えてくるのは「ガラス階段 地下ver.」

 

ぼく
おぉ..
ぼく
地上で見る方が綺麗やな…

 

来た道を戻る。すると行きでは分からなかったサプライズが・・・

 

それは、帰り道から見た入口の風景。

 

ぼく
うぉー光の十字架や〜。自分 今めっちゃ神々しいで!!!
友達
マジで!!
(※友達はぼくより前に歩いてた為、光に包まれてました。)

 

いやはや素晴らしい。

これにて、家プロジェクトの鑑賞は終了。

 

護王神社:施設概要

開館時間 10:00~16:30(護王神社」の本殿と拝殿は、いつでも自由に見学、参拝できます。)
休館日 月曜日 ※ただし、祝日の場合開館、翌日休館。
カレンダー 開館カレンダー

 

 

宮浦港へ戻り、バスで「地中美術館」を目指すことに。(所要時間・アクセス)

続いての行き先は「地中美術館」。

このまま自転車で行くのか、一旦「宮浦港」まで戻り、バスで「地中美術館」に行くかを友達と話し合う。

 

何故かって??

ぼく
レンタサイクルの返却時間が午後6時だからだよ!!

 

自転車で行くとなると時間的に「地中美術館」鑑賞後、すぐに「宮浦港」近辺にある店まで戻らなくちゃいけない。


地中美術館から宮浦港の地図

ぼく
いやいやいや!!!

てな訳で「宮浦港」からバスで「地中美術館」へ行く事に。その為、来た道を戻る。

 

ハイシャ

帰り道にある 家プロジェクトの一つである「ハイシャ」をパチリ。

 

自転車を返却後、「宮浦港」に戻り「地中美術館行き」のバスを待つ。

 

ここで一つ疑問が。

 

「宮浦港」から「地中美術館」行きの直行便は12時台に一本だけ。

そのほかの時間帯に直航便はなく、経由便のみの運行。

ぼく
「つつじ荘」で一度降り、シャトルバスに乗り換えて「地中美術館」というルート。

 

乗り換えを挟む為、直行でいくより当然時間がかかる。

 

現在の時刻は午後3時15分。

地中美術館行きのバスの時刻表

その為、次発は午後3時35分。

発着時間 宮浦港(P.M 3:35発) →  つつじ荘(P.M 3:47着)| 乗り換え | →  つつじ荘(P.M 3:50発)→ 地中美術館(P.M 3:57着)
時刻表 直島町営バス時刻表

 

「地中美術館」の到着時間は午後3時57分。

そして、この時期(10月〜2月)の地中美術館の最終入館時間は「午後4時」。

 

ぼく
3分しかねぇ…

 

これ下手したら目の前まで行って入れないパターンじゃね!?と過去のトラウマが蘇る。


↓過去のトラウマ

【行くぜ、東北。】あおもり犬を見に大阪から青森県立美術館まで行ったけど休館していて死にたくなった話 - Day1

2016.10.06

 

あんな思いは二度としたくないってことで確認の電話。

係員より「大丈夫ですよ〜」と回答を頂く。ホッと一安心。

 

バスの到着まで時間があった為、この隙に赤カボチャを激写。

草間彌生_赤かぼちゃ

途中、2人組みの女の子から写真を撮って欲しいと頼まれ、「赤カボチャ+女の子」の撮影に切り替え。(女の子のカメラで)

撮る。ひたすら撮る。

 

撮った写真を見せると、「お兄さん上手い!」とやたら褒められ、「まだまだ撮って!」という要望に応えてると、いつの間にかバスの時間に。

ぼく
あんだけ撮ったのに俺のカメラには「赤カボチャ」の写真がほとんどない…

 

宮浦港からつつじ荘へバスで移動

出発。

ぼく
2番のりば。料金は100円! 

busブルル…

つつじ荘で乗り換え、「地中美術館チケットセンター」に到着。

ぼく
バスは「地中美術館」前に到着するのではなく、ちょっと離れた「地中美術館チケットセンター」に到着します。

地中美術館チケットセンター

時間はギリギリ。チケットを購入し、急いで「地中美術館」へ。

 


↓「チケットセンター」から「地中美術館」への道のりはこんな感じ

地中美術館チケットセンターから地中美術館への道のり 

ぼく
徒歩で3分位。

 

地中美術館チケットセンターから地中美術館への道のり

チケットセンターを出て右に曲がり、まっすぐ進むと・・・

 

地中美術館_入り口

「地中海美術館」に到着!!

 

地中海美術館

16時に到着。17時閉館の為、残された時間は1時間と短い時間でしたが、全作品を見る事ができました。

 

個人的に刺さったのは、以下2人の作品。


  • ジェームズ・タレル
  • クロード・モネ

 

ジェームズ・タレル

ジェームズ・タレルの展示作品は2つ。

↓そして、どちらかといえばこの作品(オープンスカイ)がフィーチャーされがちだけど・・・

 

 

個人的には、もう一つの作品「オープンフィールド」の方が刺さりました。

 

 

南寺と同様、ぼんやりライトアップされたスクリーンに向かって歩いて行くんですけど、 

オープンフィールド1

 

進む時より戻る時がヤバかった。

 

スクリーンまで行って、

 

人が振り向く

振り返ると・・・

 

 

オープンフィールド2

さっき入ってきた入口がオレンジ色に発光しており、

 

無限に続く空間に取り残された感覚に陥ります。

 

それがある一定の距離まで戻ると、階段・消化器など美術館に設置された物が見えてきます。

 

その瞬間!!!

 

手を引っ張る

 

その無限の空間が一気に消えて、現実に引き戻される(実体化する)んですよね。

 

ぼく
その感覚が面白くて、現実と仮想の境界線を行ったり来たりしてました。

 

クロード・モネ

展示作品は、「睡蓮」の絵画が5点。

絵単体では、(個人的には)魅力を感じなかったけど、周りの空間との相乗効果でヤラレました。

特に道を曲がった瞬間、馬鹿でかいキャンパスにかかれた睡蓮の絵がどーんと出てきた時・・・

 

ぼく
ウォー!!!
友達
ウォー!!!
 

 

思わず声が漏れたよね。

 

何が凄いって、入口段階で全てを見せる訳ではなく、

両サイドの壁で空間を仕切り、一枚の絵しか見せない訳ですよ。

 

クロード・モネの部屋

 

ぼく
入り口を進み、右に曲がると「絵1」がどーんと目に飛び込んできます。逆に「絵2〜絵5」は壁に遮られて見えません。

 

↓で、初っ端 目に飛び込んでくる絵がこちら

ヤバくない!?

角を曲がった瞬間、この光景が目に飛び込んでくるんだぜ。

 

全体を一気に見せるより、一部分しか見せないことで、逆に絵が飾られてる空間の奥行きとか広さがより広く感じられるんですよね。

 

いや〜地中美術館全体に通して言えるけど、空間を活かした見せ方が上手すぎる。

 

ぼく
最高でした。

 

地中美術館:施設概要

開館時間

3月1日 ~ 9月30日:10:00 ~ 18:00( 最終入館17:00 )

10月1日 ~ 2月末日 :10:00 ~ 17:00( 最終入館16:00 )

休館日 月曜日 ※ただし、祝日の場合開館、翌日休館
カレンダー 開館カレンダー
鑑賞料金 2,060円(※15歳以下無料)
電話番号 087-892-3755

 

 

地中美術館 〜 ベネッセハウスミュージアムへ(所要時間・アクセス)

鑑賞後、チケットセンターに戻り、バスで「ベネッセハウスミュージアム」を目指す。

地中美術館からベネッセハウスミュージアムへバスで移動
発着時間 地中美術館(P.M 5:10発) →  ベネッセハウスミュージアム下(P.M 5:14着)
時刻表 シャトルバス時刻表

busブルル…

ベネッセハウスミュージアム

到着!!

上にも書きましたが、ここだけ唯一 夜遅くまで空いてるんですよね。(最終入館時間は午後8時と他の施設に比べ、夜遅くまで空いています。)

 

ざっと感想を・・・

 

印象に残った作品は、杉本博司の「海景」

海景

(屋外の作品は撮影OK)

 

や、最初はなんのこっちゃ分からなかったんですよ。

ぼく
白と黒のコントラスト…
ぼく
で??

 

ぼーっと見てると、団体を連れたガイドさんが来て、作品の説明をし始めました。

ガイド

 

見てる横で説明しだすもんだから、おこぼれに預かり・・・そして知る。

 

作品に込められた意味を。

 

すると..あら、不思議。なんのこっちゃ分からない作品が途端によく思えてくるっていう。

ぼく
めちゃくちゃ考えられた作品です。

 

ぼくは現代アートでよくある「この作品の意味は、読み手の解釈に委ねます。」ってのが大嫌いなんだけど、やっぱり意味は重要だなぁ〜と再認識。

ぼく
だから、「答え」はきちんと用意しておいて欲しい…

 

最後に「ベネッセハウスミュージアム」を楽しむコツを書いておきます。

地中美術館はアートの体感に重きを置いているのに対し、こちらの美術館は鑑賞のみ。

 

展示作品は現代アート。その為、説明がないと何のこっちゃ意味が分からないと思います。

 

そこでオススメなのが、「17:00〜17:45」に実施している「ギャラリーツアー」への参加。

ぼく
ベネッセ主催。料金は無料。かつ、予約の必要もありません。午後5時にベネッセハウスミュージアムのフロント前に集合するだけ。

 

その方が製作者側の意図が伝わり、より楽しめるのではないかと。是非参考にしてください!

 

ベネッセハウスミュージアム:施設概要

開館時間

8:00〜21:00(最終入館20:00)

休館日 年中無休
カレンダー 開館カレンダー
鑑賞料金 1,030円(※15歳以下とベネッセハウスにご宿泊の方は無料)
電話番号 087-892-3223

 

 

ベネッセハウスミュージアム 〜 直島銭湯へ(所要時間・アクセス)

「ベネッセハウスミュージアム」を出たら外は真っ暗。

シャトルバスの運行も終わっており、歩いて「つつじ荘」にあるバス亭を目指す。

 


↓「ベネッセハウスミュージアム」から「つつじ荘」への道のりはこんな感じ

ベネッセハウスミュージアムからつつじ荘への道のり 

ぼく
徒歩で15分位。

 

バス停に着くと、次発は15分後。

これを逃してたら次のバスまで1時間以上空きがある為、運の良さに感謝。(周り何もないからね…)

 

つつじ荘から宮浦港へバスで移動

バスに乗車。

発着時間 つつじ荘(P.M 6:39発) →  宮浦港(P.M 6:51着)
時刻表 直島町営バス時刻表

busブルル…

宮浦港まで戻り、疲れを癒すべく「直島銭湯」に。

 

が!!!

 

「直島銭湯」前まで来たものの、小腹が空いたってことで、隣にある店にてタコスを食す。

タコス

旨し。


シオヤダイナー


ぼく
店内のロケーション含め最高でした。

 

腹も満ちたので、「直島銭湯」へ。

 

直島銭湯

直島銭湯

(山本うどん店から本村(ほんむら)地区へ行く際に撮影。その為、昼間の写真になります。)

 

直島銭湯2

「I♥湯」

 

男湯・女湯は定期的に入れ替えられ、ぼくらが行った日は、右が女湯・左が男湯でした。

ぼく
6年前に来た際は、逆だったので両方制したことに (๑⁼̴̀д⁼̴́๑)ドヤッ!!

 

券売機で入浴券+バスタオルを購入しようとするが・・・バスタオルの項目は無し。

ぼく
…えっ、もしかして!?
ぼく
すいません、バスタオルのレンタルはしていますか?
受付
してないよ。
 

 

おぅふ…

 

その為、フェイスタオル(別名:吸収性の薄い小さいタオル)で全身を拭くことが確定。

風邪ひくんちゃうかな..と思いつつもそれしか選択肢が無いもんだから仕方なく購入。

ぼく
料金は310円。

 

いざっ!入浴!

 

「風呂は命の洗濯よ!」と言ってたのはミサトさんだっけ!?

 

いや、ほんとその通り。風呂は偉大だ。

 

天井を見上げると「直島銭湯」を象徴する「象」と「花」のオブジェ。

ぼく
ぼく
直球だな!オイ!

 

浴槽のタイルには「春画」。脱衣所には「日活ロマンポ◯ノ」の広告があったりと・・・

 

なんつーか… 奔放な銭湯です。

 

でも全然下品じゃなく、完全にアートに昇華させてる。一言でいうと内装全体が「コラージュアート 昭和レトロVer.」って感じ。

 

直島銭湯:施設概要

開館時間 平日:14:00 〜 21:00(最終受付20:30)
土日祝:10:00 〜 21:00(最終受付20:30)
休館日 月曜日  ※ただし、祝日の場合開館、翌日休館。※メンテナンス期間は臨時休館。
カレンダー 開館カレンダー
入力料 510円  ※15歳以下210円(3歳未満は無料)
カレンダー 087-892-2626

 

 

この後は、目と鼻の先にある宿泊先へ行き、そのまま就寝。

これにて1日目終了。

ぼく
2日目は豊島! 

 

 


↓続きはこちら

【18きっぷ 香川県・豊島(てしま) 観光編】豪雨の中、豊島美術館・心臓音のアーカイブをバス・徒歩で移動してきたよ...

2017.03.12