【Sass】ターミナルnpmコマンドでgulp-cliのインストールが失敗|原因と解決方法

LibSass環境構築時にエラーが発生。原因と解決方法。

勤めている会社で「Sass」の導入が決まりました。

…ということで「Progate」と「Web制作者のためのSassの教科書」を駆使して目下「Sass」の勉強中です。

Sassとは
既存のCSSの機能に加え、条件分岐や繰り返し処理などプログラム的な処理が可能となる言語。導入することによりコーディング作業の効率化やソースコードの可読性・保守性が高まります。

Sassには「LibSass(node-sass)」と「Ruby Sass」の2種類がありますが、ぼくは「LibSass(node-sass)」をチョイス。(教科書で推奨されていたので)

「よっしゃーやってるで!!」と息巻いていたのも束の間。環境構築段階でつまづきました。

npmコマンドでgulp-cliのインストールが失敗

ターミナル上に吐き出されるエラー内容

エラーが起きたのは、npmコマンドで「gulp-cli」をグローバルにインストール時。

この記事では、npmコマンドでgulp-cliのインストールをしたにも関わらず、ターミナル上(黒い画面)で無情にも「gulp: command not found」と表示されてしまう”あなた”に送る記事です。

ターミナルnpmコマンドでgulp-cliのインストールが失敗|エラー内容と原因

npm install –global gulp-cli と入力。

$ npm install --global gulp-cli と入力

実際の入力画像

すると長文のエラーメッセージが…

吐き出されるエラー内容

ぼく
パソコンの動作環境ですが、OSは「Sierra(シエラ)」。バージョンは「10.12.3」です。

エラーがなぜ起きたのか。その理由は最初の行に集約されています。

最初の行に記載されているエラー内容

npm WARN checkPermissions Missing write access to /usr/local/lib/node_modules

ターミナルnpmコマンドでgulp-cliのインストールが失敗する原因

実際のエラー画像

これを翻訳すると、「checkPermissions / usr / local / lib / node_modules への書き込みアクセス権がありません

つまり 「お前、誰やねん!?」ってことですね。なので、ターミナルに「いや…このPCのオーナーやで」ということを伝える必要があります。

ターミナルnpmコマンドでgulp-cliのインストールが失敗|解決方法

解決方法はいたって簡単。先ほど入力したコマンドの冒頭に「sudo」を付けるだけ。

ぼく
sudo npm install –global gulp-cli と入力
$ sudo npm install --global gulp-cli と入力

実際の入力画像

上記コマンド入力後の表示内容

パスワードを求められるので入力。入力後、あっという間にインストールが完了します。

実際の完了画面

ぼく
パスワードは入力しても画面には表示されませんが、きちんと入力されているのでご安心を。

エラーの原因と解決方法をまとめると…

アクセス権がなくインストールが実行できないため、sudoコマンドを利用し、root権限化(オーナー権限)でgulp-cliのインストールを完了させよう!」ってことですね。

そんな感じで。終わりッ!!

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください