【2019年】ESTA(エスタ)の申請手順・記入例まとめ|写真を交え日本語で解説!

アメリカ旅行に必須のエスタ申請の手順・記入例を写真つきで解説

母の代理で「ESTA(エスタ)」の申請をしました。

ESTAとは、「アメリカ出入国カードの電子版」です。つまり申請し承認を得なければアメリカへ入国することができません。

ぼく
アメリカを旅行するにあたり避けては通れない手続きです。
ESTAについて
  1. ビザに比べ「取得がスピーディ」かつ「審査のハードルが低い
  2. 申請料金は14ドル(約1,400円)
  3. 渡米予定日の72時間以上前に申請する必要がある
  4. 乗り継ぎだけでアメリカに入国する場合でも申請必須
  5. アメリカ本土以外(ハワイ・グアム・サイパンなど)に入国する場合でも申請必須

旅行会社にまるっと申請をお願いすることもできますが、お値段が「6,000円程」かかります。なので息子のぼくに白羽の矢が立った…という訳です。

当初は(旅行会社が提示する)代行料が高いので専門的な知識を要求されるんじゃ…とか、それ以前に英語がほぼ分からないし…で不安しかなかったのですが、いざ申請してみると”めちゃくちゃ簡単“でした。

この記事では、ESTA(エスタ)の申請手順を記入例が記載された写真を交えながら解説しています。

ぼく
これからアメリカへ旅行される方の参考になれば幸いです!

ESTA(エスタ)の申請手順・記入例を写真つきで解説

事前に準備するもの
  1. パスポート
  2. クレジットカード
  3. メールアドレス
  4. 滞在先のホテルの情報(※)

※「4」は必ずしも必要な情報という訳ではありません。滞在先が分からない、もしくは決まっていなくても申請は可能です。

ぼく
あと、ぼくの様に代理申請を行う場合、「(その方の)両親の名前」を聞いておいてください。

STEP1 : ESTA(エスタ)の申請サイトへアクセス

下記ボタンをクリックすると、新しいウィンドウでESTA申請の公式サイトが開きます。

参考 公式 ESTAの申請アメリカ合衆国 国土安全保障省の公式ウェブサイト

STEP2 : 言語を日本語に変更

エスタ申請_言語を日本語に変更

STEP3 : 「新規の申請」をクリック

新規の申請ボタンをクリック

STEP4 : 「個人 or グループによる申請」をクリック

「個人による申請 or グループによる申請」をクリック

これより下に記載しているのは「個人による申請」の場合の手順です。

家族や友人・夫婦など、複数人まとめて申請する場合は「グループによる申請」ボタンをクリックします。

STEP5 : 「確認&続行」をクリック

 セキュリティに関する通告を確認後、確認&続行ボタンをクリック

STEP6 : 免責事項などに合意し「次へ」をクリック

免責事項、The Travel Promotion Act of 2009に合意し、次へボタンをクリック

STEP7 : 申請者/パスポート情報を入力

7-1 : 姓名を入力/性別を選択

姓名を入力、性別を選択。(入力内容はパスポート上の表記の通りにする必要がある)

項目記入例・入力内容
(名字)yamada
(下の名前)taro
性別男性 or 女性 を選択

なお、右側には「旅券をアップロード」という項目(機能)がありますが、これは必須ではありません。

旅券をアップロード

アップロードは必須ではない

何の為にあるかというと、入力する手間を省くためにあります。(あと入力ミスの防止)

パスポートの写真データをアップすると、機械がパスポート情報を読み取り、国籍やパスポート番号など、この後入力するいくつかの項目を自動で埋めてくれる…という訳です。

楽ちゃ楽なのですが、パスポート全体では無く一部を切り取った箇所(機械可読領域)の写真データをアップしないと読み取りがされないなどの制限があるため、手作業で入力した方が早いんじゃないかな〜と個人的には思います。

ぼく
利用はお好みで。

7-2 : 生年月日や出生国、パスポート情報を入力

生年月日、出生した市区町村名、出生国、パスポート番号、市民権、パスポート発行日、パスポートの有効期限、パスポートを発行した国を入力

項目記入例・入力内容
生年月日生年月日を選択
出生した市区町村名Shinjuku-ku
(※新宿区の場合)
出生国JAPAN(JPN) を選択
パスポート番号英字2ケタ+数字7ケタの旅券番号を入力
(例:TH1234567)
市民権JAPAN(JPN) を選択
発行日パスポートの発行日を選択
発行した国JAPAN(JPN) を選択
有効期限パスポートの有効期間満了日を選択

ぼく
質問に関しては、ほとんどの方が「いいえ」に該当するかと思います。

7-3 : 別の市民権・国籍、GEメンバーシップを入力

別の市民権・国籍、GEメンバーシップを入力

7-4 : 両親の姓名を入力

両親の姓名を入力<br>(両親の名前が分からない場合は、それぞれの欄に「UNKNOWN」と入力する)

ぼく
名前が分からない場合は、4つの欄に「UNKNOWN」と入力します。

7-5 : 連絡先情報を入力

例:東京都新宿区新宿1-1-1 ABCハイツ 101号室 の場合

ホームアドレスライン1、ホームアドレスライン2、アパートメントの部屋番号、市区町村、州/都道府県/地方、国、電話のタイプ、国番号+電話、電子メールアドレスを入力

項目記入例・入力内容
ホームアドレスライン11-1-1, Shinjuku
ホームアドレスライン2Abc-Haitsu
アパートメントの部屋番号101
市区町村Shinjuku-ku
州/都道府県/地方Tokyo
JAPAN(JPN) を選択
電話のタイプ自宅、勤務先、携帯、その他から選択
国番号JAPAN(JPN) (+81)を選択
電話9012345678
(※電話番号の最初の「0」は削除して入力)
電子メールアドレスsample@gmail.com
電子メールアドレスを確認するsample@gmail.com

英語での住所の書き方が分からない…という場合は「住所を英語表記に変換するWebサービス」を利用しましょう。

ぼく
利用は無料です。

7-6 :ソーシャルメディアを入力

ソーシャルメディア(SNS)の使用環境情報を入力

7-7 :勤務先情報を入力後、次へをクリック

例:ABCカンパニー勤務の場合(住所:東京都新宿区新宿1-2-3 新宿ビルディング)

 役職名、雇用主名、ホームアドレスライン1、ホームアドレスライン2、アパートメントの部屋番号、市区町村、州/都道府県/地方、国、電話のタイプ、国番号+電話を入力後、次へボタンをクリック

項目記入例・入力内容
役職名Section Chief
(※課長の場合。何も入力しなくてもOK)
雇用主名Abc Company
(※会社名を入力)
ホームアドレスライン11-2-3, Shinjuku
ホームアドレスライン2Shinjuku Bld
市区町村Shinjuku-ku
州/都道府県/地方Tokyo
JAPAN(JPN) を選択
国番号JAPAN(JPN) (+81)を選択
電話301234567
(※電話番号の最初の「0」は削除して入力)

STEP8 : 渡航情報の入力

8-1 : 渡航目的を選択/米国内の連絡先情報を入力

渡航目的を選択、米国内の連絡先情報を入力

連絡先情報が分からなければ、必須入力項目にUNKNOWN」と入力します。

ぼく
*」マークがついている入力欄が必須項目です。

滞在先の住所が確定しているのであれば、そちらの住所を入力しましょう。入力することで、この後に記載している「8-3」の作業をカットできます。

8-2 : 米国滞在中の住所、緊急連絡先情報を入力後、次へをクリック

 米国滞在中の住所、米国内および米国以外の緊急連絡先情報を入力

8-3 : ボックスにチェックマークを入れて住所が正しいことを承認し、再度 次へをクリックする(※)

ボックスにチェックマークを入れて住所が正しいことを承認する

※8-1で米国内の連絡先情報を「UNKNOWN」と入力した場合のみ必要な作業です。

STEP9 : 適格性についての質問に答える

9-1 : 適格性についての質問

 適格性についての質問に回答

9-2 : 権利の放棄を確認/申請内容に関する証明にチェック後、次へをクリック

権利の放棄の確認、虚偽の申請ではないことを誓う

STEP10 : 申請内容を確認後、次へをクリック

10-1 : 申請内容を確認する

 申請内容を確認する

10-2 :「確認&続行」をクリック

 確認&続行ボタンをクリック

入力した内容に問題がなければ「確認&続行」ボタンをクリックします。

なお、ボタンは1つだけではありません。

[+]申請者の情報、[+]申請者情報、[+]の旅行情報の中に格納されている3つの「確認&続行」ボタンをクリックする必要があります。

10-4 : パスポート情報を入力後、次へをクリックする

パスポート情報を再入力後、次へボタンをクリックする

STEP11 : 支払い手続きを行う

11-1 : 免責事項にチェックをつけ、今すぐ支払うをクリック

今すぐ支払い手続きを行い、申請を完了する

11-2 : 支払い方法を選択し、続行をクリックする

 支払方法をPayPal、デビットカードまたはクレジットカードのいずれかから選択する

これより下に記載しているのは「デビットカードまたはクレジットカードで支払う」場合の手順です。

11-3 : カード情報をフォームに入力し、続行をクリックする

 クレジットカードまたはデビットカードの情報をフォームに入力し、続行ボタンをクリック

11-4 : 支払い内容を確認して送信する

支払い内容を確認して送信ボタンをクリックする

11-5 : 支払い手続きが完了。認証が完了するまで待機。

支払い手続きが完了

支払い手続き完了後、72時間(3日)以内に認証が完了します。

なお、認証が完了してもSMSやメールなどに通知はありません。自分で認証状況を確認する必要があります。

16桁の申請番号をメモに残す

また「16桁の申請番号」はメモに控えるなどしてください。この後行う申請状況の確認時に必要です。

STEP12 : 認証状況を確認

12-1 : ESTA(エスタ)の申請サイトへアクセス

下記ボタンをクリックすると、新しいウィンドウでESTA申請の公式サイトが開きます。

参考 公式 ESTAの申請アメリカ合衆国 国土安全保障省の公式ウェブサイト

12-2 : 言語を日本語に変更

エスタ申請_言語を日本語に変更

12-3 : 既存の申請内容を確認をクリック

既存の申請内容を確認をクリック

12-4 : 状況確認をクリック

 個人申請の状況確認 or グループ申請の状況確認ボタンをクリック

これより下に記載しているのは「個人申請の状況確認」です。

12-5 : 「確認&続行」をクリック

 セキュリティに関する通告を確認後、確認&続行ボタンをクリック

12-6 : 申請情報の検索を行う

 パスポート番号、生年月日、申請番号を入力後、申請の検索をクリック

12-7 : 認証状況の確認

認証は承認されました

認証は承認されました」と表示されていれば、無事手続きは完了です。お疲れ様でした。

ぼく
ESTAの有効期限は2年です。2年以内であれば、その後 何度渡米しようがESTAの申請は不要です。

ぼく
ただし、その2年の間にパスポートの有効期限が切れてしまったら、再度手続きが必要なのでお気をつけください。

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください