ベルセルク最新の364話を見て後悔した話【ヤングアニマル】

ベルセルク最新の364話「朝露の涙」を見て後悔・絶望した話【ヤングアニマル三浦建太郎特別メモリアル号】

ベルセルクの最新、かつ、最終話「朝露の涙」が掲載されてたヤングアニマルを購入しました。

ベルセルク最新364話が掲載されているヤングアニマルの三浦建太郎メモリアル号

特別メモリアル号。特典盛り沢山。売れ切れ続出

結論をいうと、見なきゃ良かった。

なぜなら、続きが非常に気になる終わり方だからです。

引きの強さでいうと、ベルセルク第174話 暁(あかつき)レベルですね。

174話は、グリフィスが受肉→彼が現世に転生した場所を髑髏(ドクロ)の騎士が指差し、ガッツがその場所を見ようとしたところで話が終わります。

そして、次話、ページを贅沢に使って復活したグリフィスを見せるという。最高の回でした。

つまり、174話は、ベルセルク誌上でも一二を争う「引き」が強い終わり方だったといえます。

最新話である364話の引きの強さは”それ並み”。

ベルセルクの続きが見たいイメージ図

ただ、続きを観れることは、もうありません。

ぼく
長年ベルセルクに携わっているスタッフの方が引き継ぐ構想もあるみたいですが、それはもう別物なので。


ただ、人によっては、最高の終わり方ともいえます。

主要キャストの邂逅(かいこう)ハッピーエンドの暗示、慈愛、盛福、吐露や寂寞(せきばく)、そして物語の転換と、読者が見たかった・知りたかったシーンが全て詰まっているので。

ぼく
個人的には、キャスカの精神世界で描かれた黄金時代の断片シーンなみに胸に去来するものがありました。

ただ、それだけにな〜。個人的にはやっぱ消化しきれません。

正直これほど強い引きは望んでなかった。。あまりに続きが気になる終わり方だけに、どう気持ちに整理をつけたらいいのか…

ぼく
ただ、だからこそ、主要スタッフが総力を挙げ、仕上げまでこじつけたとも思います。

前話では、髑髏(ドクロ)の騎士の過去を描き、今話では、月下の少年の正体を明かすなど、長らく謎に包まれてた点が次々と解消される怒涛の展開が続いており、本当にクライマックスに向けて筆を進めていたんだなーと。

それだけに残念です。一番悔しいのは、未完のまま終わらざるを得なかった作者本人かと思いますが…

年末発売されるベルセルク最新刊のレビューで、皆様方がどのように気持ちに整理をつけてるかを見届けたいと思います。

ぼく
それを持って気持ちにケリをつける。

ベルセルク特別メモリアル号の付録

名場面ビッグポスター

ヤングアニマル18号の特典であるベルセルクの名場面ビッグポスター

特別寄稿メッセージ小冊子

特別寄稿メッセージ小冊子

そんな感じで。終わりッ!!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください