Googleの検索結果が激変。変更後のタイトルを確認する方法

ブログ記事のタイトルとGoogleの検索結果に表示されるタイトル、2つのタイトルの差分(違い)を確認する方法

8月末、Googleの検索結果に表示されるタイトルが最適化されました。

最適化と書けば一見(いっけん)良さそうに聞こえますが、なぜそうした…という事例も多々。

有名どころでいくと、国民生活センターや消費者庁ですね。

Googleのタイトル自動改変による影響(消費者庁の場合)

タイトル自動改変による影響(消費者庁の場合)

ぼく
注意喚起が逆の意味に。悪徳業者感がすごい…

本来伝えるべきところをばっさりカットした結果がコレ。フィッシングを疑うレベルですよね。

その他、隅付き括弧(【 】)や鉤括弧(「」)で括ったものが丸ごと削除されたりなど、検索結果の一部がカオスな状況となっています。

本ブログでもタイトル(title)やh1タグに、隅付き括弧(すみつきかっこ)や鉤括弧(かぎかっこ)を多用しているため、影響がないか調べることにしました。

以下に、「Googleが検索結果上のタイトルをどのように書き換えているか」について調べる方法を記載します。

Googleタイトル書き換えチェッカー「SEOwl」を利用して変更後のタイトルを調べよう

STEP.2
タイトルを調べたい記事のURLを入力し、CHECK TITLESのボタンをクリック

タイトルを調べたい記事のURLを入力し、CHECK TITLESのボタンをクリック

STEP.3
検索結果上に表示されるタイトルが表示される
titleタグの文言、検索結果に表示されるタイトル、それらの差分が表示される

1つ1つ調べるのがしんどければ、以下の手順で一括して検索結果上に表示されるタイトルを出力することができます。

Or load URLs through a XML sitemapにサイトマップURLを入力→Load sitemapのボタンをクリック→URLの一覧が表示された後、CHECK TITLESのボタンをクリックする

  1. 「Or load URLs through a XML sitemap」の入力欄にサイトマップURL(https://ドメイン名/sitemap.xml)を入力
  2. LOAD SITEMAPのボタンをクリック
  3. 記事URLの一覧が表示された後、CHECK TITLESのボタンをクリックする
  4. 全記事のタイトルが表示される

危惧してた通り、いくつかの記事で、隅付き括弧(【 】)や鉤括弧(「」)で括ったものがバッサリ削除されてました。。

ぼく
主語が無くなり、何のこっちゃ分からないタイトルも多々..

↓だってこれやで。


■タイトルタグ設置の文言
「霧島神宮駅」から「霧島神宮」への行き方は? バス・タクシー・徒歩、それぞれのルートでまとめてみた。

■検索結果上に表示されるタイトル
から「霧島神宮」への行き方は? バス・タクシー・徒歩 – 日曜、午後、六

ぼく
いや、どこから 意味が分からん。。


しばらくは、サーチコンソールとSEOwlを駆使し、タイトル変更に努めたいと思います。。(+メタディスクリプションの設定もついでに)

そんな感じで。終わりッ!!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください