テイルズオブシリーズの原画が多数展示!【いのまたむつみ展】へ行ってきた! at 手塚治虫記念館|感想・レビュー

宝塚市立手塚治虫記念館 企画展 『テイルズ オブ』シリーズのキャラクターデザインなどで知られるいのまたむつみ画業40周年記念の原画展に行ってきた|感想・レビュー

手塚治虫記念館で開催中の「いのまたむつみ展」へ行ってきました。

約40年という長い期間に渡って、第一線で活躍し続けていることに加え、数多くの有名な作品を手がけているため、「”いのまたむつみ(先生)“といえばコレッ!」という作品は人(or 年代)によって異なるかと思います。

ぼくの場合、いのまたむつみ(先生)といえば、「テイルズ オブ シリーズ」と「機動戦士ガンダムSEED」。

テイルズ オブ シリーズ」は学生時代、それこそ夜通しプレイしたし(といっても “デスティニー2″までですが…)、「機動戦士ガンダムSEED」は、”新聞奨学生時代”にリアルタイムで見てました。(ただし、DESTINYは未見…)

ぼく
一般の学生に比べ、自由が少ない環境下だったため、数少ない娯楽の一つでした。

どちらの作品も当時 無心になってプレー/鑑賞した作品のため、15年以上経った今でもしっかりと記憶に刻まれています。

そんな思い出深い作品の”キャラクターデザイン“を担当したのが「いのまたむつみ(先生)」という訳です。

そんなん見に行くしかないやん!」ということで行ってきました。兵庫県宝塚市にある手塚治虫記念館へ。

 

いのまたむつみ展 at 手塚治虫記念館|感想・レビュー

テイルズ オブ シリーズ」と「機動戦士ガンダムSEED」目当てでしたが、残念ながら「ガンダムSEED」の展示は無し。

そのため、「テイルズ オブ シリーズ」をメインで鑑賞しました。

一番惹かれたのは、ポスターのメインビジュアルでも使用されている「リオン・マグナスとジューダス」の原画。

いのまたむつみ展 -テイルズ オブ デスティニ- リオン・マグナス&ジューダスのアートプリント

テイルズ歴代キャラクターの中でも、圧倒的人気を誇るキャラクターのため、他のキャラに比べ展示数は多めでしたが、中でも気に入ったのはこの絵。

(気に入った)ポイントしては、光と闇に揺れ動く表裏一体の関係性である「リオンとジューダス」を背中合わせで対比する様に描いているところ。

憂いに満ちた表情、背景含めキャラクターの心情が”これでもか”というほど分かりやすく表現しています。

ぼく
特に黒背景。筆による荒いストロークに怒りや絶望を感じます。

・・・

デスティニーで登場するリオンは、実父にいいように利用された挙句、溺死→ゾンビ化とぼくがプレイしてきたゲームの中でも1、2を争う”薄幸なキャラ”です。(シテ…コロシテ……の元ネタになったキャラかと)

そのあまりの悲惨さぶりに、エンディングを迎えても全然ハッピーじゃなかった記憶が。

なので、デスティニー2でリオンが黒衣の騎士「ジューダス」として再登場した時は、めちゃくちゃテンションが上がりました。(しかも味方、かつ、性格も若干丸くなっているというおまけ付き)

ぼく
テイルズ オブ シリーズ」が好きな方であれば、100%テンションが上がる絵ですね。

・・・

続いて気に入った絵は、デスティニー2のリアラ。

(気に入った)ポイントしては、写真でいうところの三文割構図を用いて描いているところ。

背景は真っ白。右側にキャラを配置しているため、左側に余白が生じ、奥行きと広がりを感じさせます。

また、背景がシンプルなため、必然的にキャラに目がいく点もグッド。

構図の妙ですね。余白と人物のバランスが良かったため、とても印象に残っています。

・・・

FF10でいうところの「ティーダ(or シン)」的存在の彼女ですが、最終的に(デスティニー2の主人公である)カイルと再開を果たすエンディングは胸熱だった記憶が…

そして前作と違い、しこりのない純度100%のハッピーエンドだったため、「あ〜これで本当に終わりなんだな…」と寂しくなった記憶も。

・・・

その他、気に入ったのは下記2つの絵。

いのまたむつみ展 -テイルズ オブ デスティニ- スタン・エルロン&リオン・マグナスのアートプリント

いのまたむつみ展 -テイルズ オブ デスティニ- ルーティ・カトレット&リオン・マグナスのアートプリント

スタンとリオン、そして、ルーティとリオンの姉弟ショット、いわゆる「カトレッツ」ですね。

この先の運命を知っているので、「在りし日の…」という、言葉が相応しい絵。背景含め、淡い色調で書かれているのがとても印象的でした。(辛い日常の中での淡い思い出 的な)

「デスティニー」では、(リオンは)可愛げが一切なく、傲慢かつ捻くれた性格で、二人に対し斜に構えた態度を取っていましたが、「デスティニー2」では、スタンとルーティの息子である”カイル”に厳しくはありつつも、愛情を感じさせる接し方をしていて、とても微笑ましい気持ちになったことを覚えています。

その他、「テイルズ オブ エターニア」のパッケージ絵もめちゃくちゃテンションが上がりました。

ストーリーでは「デスティニー派」ですが、ゲームとしてやりこんだのは「エターニア」の方なので。ただ、どういった話か全く思い出せず…「お〜めっちゃ懐かしい!!」止まりでした。。

 

購入したお土産

いのまたむつみ展 -テイルズ オブ デスティニ- スタン・エルロン&ルーティ・カトレット&リオン・マグナス&ジューダスのアートプリント

「テイルズ オブ デスティニー」のアートプリントを3枚購入。

原画ではあった「海底洞窟内_水面に跪く(仮面が外れた)ジューダス」がアートプリントでは無かったのが個人的には残念でした。

 

いのまたむつみ展 at 手塚治虫記念館|まとめ

上述の感想では「テイルズ オブ デスティニー」にしか触れていませんが、その他の「テイルズ オブ シリーズ」はもちろんのこと、「新世紀GPXサイバーフォーミュラ」や「小説ドラゴンクエストシリーズ」など「テイルズ 以外」の作品も多数展示されていました。

イラストレーター転身後の初期作品である「宇宙皇子(1984年)」から最新作「王朝懶夢譚(2019年)」まで幅広い年代の作品が展示されているため、どの作品(年代)から好きになった人でも楽しめる構成になっています。

個人的に感動したのは、「時代に合わせて作風(絵柄)を調整している」こと。

最新作「王朝懶夢譚」は、現在のトレンドを取り込んだ絵柄となっています。なので、全く古臭さを感じさせません。

流行のタッチを取り込むために、デビューから40年経った今もなお画力の向上に努めているのだなぁ…とそれはもうとても感動しました。

・・・

ちなみに料金は、手塚治虫記念館の入場料だけで、別途「いのまたむつみ展」の料金はかかりません。

御大「手塚治虫(先生)」の歴史も知れつつ、「いのまたむつみ(先生)」の作品も見れるという一石二鳥の展覧会となっております。

そんな感じで。終わりッ!!

 

手塚治虫記念館:概要

宝塚市立手塚治虫記念館(外観)

開館時間9時30分~17時(入館は16時30分まで)
入館料
 個人団体(10名以上)
大人700円560円
学生(中学生・高校生)300円240円
小人(小学生)100円80円
定休日毎週水曜日(祝日と重なる日・春休み及び夏休み中は開館)
電話番号0797-81-2970
所在地兵庫県宝塚市武庫川町7−65
HP手塚治虫記念館

 

手塚治虫記念館:MAP(地図)

ぼく
テイルズ オブ シリーズといえば、オープニング曲ですが、一番好きなのは、day after tomorrowのStarry Heavensです。

この曲は、CDを買いましたね〜。懐い。

ぼく
ただし、ゲームは未プレイとなります。CMで見て「いいな…!」と思って買った記憶が。

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください