日曜、午後、6時半。のロゴ

【2017年】- 買ってよかったもの5選 – ランキング形式でまとめてみた。

2017年に買って良かったもの

今年も色々買いました。

家計簿アプリを使って「毎日の支出額・何を買ったか」をきちんと管理しているんですが、1年経って振り返ってみると、買って後悔した物もあれば、「あ〜買ってよかった!!!」と思える物もあったり。

ぼく
必要だから買った物ばかりなのに…なぜこうも分かれるんだろう…

今回は、2017年で買って良かったものをまとめてみました。自戒の意味も込めて…来年こそは不要な買い物はしない!!!

 

5位:メゾンマルジェラ(Maison Margiela) ⑩ 15SS コットンニット

Maison Margiela 10 15SS コットンニット

今年買った服の中で一番気に入ってるのがコレ。

とにかくラク。何がラクって着るだけでそれなりにオシャレに見える所。流石マルジェラ。

ちなみに裾がガッツリ破けてますが… 

仕様です ( ・`ω・´)キリッ.

↓証拠。

マルジェラ15ssの時のコレクション

引用:VOGUE JAPAN

 

かなり気に入ってるんですが、唯一の欠点を言うならば「素材」。

コットンなんですよねー。

なので、室外だと「とても寒く」、室内だと「とても暑い」です。

そして、ボリュームがある為、アウターを羽織ることも許されません。

えぇ、着れる時期が短いんです…

ぼく
3月〜4月初旬、10月中旬〜11月中旬ってとこかな。

 

それに加え室内だと暑い為、会社には着ていけない。完全に「土・日・祝」用の服です。

となると…1年を通して20回位しか出番が無い。うん、めちゃくちゃコスパは悪いですね。

てな訳で5位。気に入ってるんだけどね…

しつけ糸が切れたマルジェラ

ちなみにブランドを象徴する”しつけ糸”は切れたので、リセールバリューはありません。南無…

ぼく
マルジェラの場合、しつけ糸はいわばブランドのタグ。タグが切れている為、買取の査定額は二束三文でしょう。あぁ無常…

 

4位:ブラッディマリー(Bloody Mary) テッラバングル

ブラッディマリー(Bloody Mary) テッラバングル

アクセサリーはとても好きで定期的に買いたくなります。

今年はバングルが欲しいなーと思ってました。

きっかけはバナナマンの設楽さん。

 

バナナマンが司会を勤めている「乃木坂工事中」という番組が好きで、毎週欠かさず見ているんですが、乃木坂を見るのと同じ熱量で設楽さんのファッションを見ています 笑

もうね…ドンズバ。

とにかく着こなしのセンスが半端ない

ぼく
芸人でいうと”おぎやはぎ”も相当オシャレだと思うけど、かっちりしすぎてて、「着たいなー!」とはならない。見てるだけで十分。

ぼく
対して、設楽さんはカジュアル寄り。なので日常着に取り入れやすい = つい真似したくなる。そこが好きなポイント。

 

そして、ファッションもさる事ながら、アクセサリーのつけ方もかっこいいんですよねー。

 

最初は設楽さんと同じ”ゴローズ”にしようかと思いましたが…なにせ高い。

あと「金」は、ぼくの年齢では”いやらしすぎる(早すぎる)”ことから、却下。(上の写真では分かりにくいかもしれませんが、金メタルがワンポイントで入っています。)

なので、オールシルバーのバングルを探してました。

そこで見つけたのが、「ブラッディマリー(Bloody Mary)」のバングルです。

ブラッディマリー(Bloody Mary) テッラバングル

表面がボコボコ波打っており、ちょっと癖(クセ)はありますが、基本はシンプル。

なので、どんなファッションにでも合います。

そして、このちょっとした癖(クセ)がとにかく気に入っていて、他には無い個性的な感じを”若干”演出できるのが、とても良い。

ぼく
“若干”がポイント。個性的過ぎるのはNGです。

要はさじ加減が絶妙なんですよね。このバングルは買ってからというもの毎日つけてます。かなりお気に入り。

ぼく
ちなみに今一番欲しいのはベトジャンです。(上の動画で設楽さんが着てる服) 来年ぜってー買う。

 

3位:HUNTER×HUNTER(ハンターハンター)34巻

ハンターハンター34巻

今年はハンターハンターの新刊が読めた。…感無量です。それだけで今年は良い年って言っていい気がする。

ぼくが生きてる理由の一つがハンターハンターの最新刊を読む事。

えぇ、もうそれくらいのレベルです。

 

…とはいえ、キメラアント編(通称:蟻編)の時に比べると、だいぶ熱は落ち着いてきました。(冷めてはいない)

蟻編の時は、大変でしたね…(  ̄- ̄)

 

続 き が 気 に な っ て 仕 方 が な い

の に

休 載 し ま く り

 

宮殿に突入する直前で休載したのには堪えました….しかも休載期間は「1年8ヶ月」。

いっそ○して…って感じですよ。えぇ、もう…ほんとに…

ぼく
最終的に完結までには8年の月日を要しました。ちなみに作品そのものじゃなくて”一つの章”を終えるのに8年だからね。

とはいえ、天才がじっくり時間をかけて書き上げた作品の出来栄えは素晴らしく、これほど緊迫感に満ち、これほど感動し、これほど話の続きが気になる作品には、今後二度と出会えない…そう強く思える程のクオリティでした。

それほど完璧な章を終え、しかもその後すぐに主人公”ゴン”の目的も果たされた為、個人的にはその時点で大満足。

なので、今は後日譚、CDでいうボーナストラック感覚で読んでます。(えっ!?まだあんの!! ラッキー!的な)

ぼく
ぼくの中で本編は第339話「静寂」で終わっています。…てか、そう思わないと精神衛生上良くない…

 

ちなみにハンターハンターは、ぼくが中学生の時に連載が開始されましたが、今に至るまで度々休載してます。(ちなみに、今までの休載期間を全て足すと7年9ヶ月になります 笑)

そんなぼくも今や30代。

昔は休載する度に「早よ描けやー!」と散々キレてましたが、年を重ねるにつれ徐々に心境が変化し、いつしか「描いてくださりありがとうございます。」と思うようにまでなりました。

うん。年を取るっていいですね。

心境の変化

ぼく
幽白であんだけ売れて(そしてボロボロになって)鳥山先生みたいに隠居することもできただろうに…描いてくれるだけでありがたいです。

話が脱線しまくりで、何を書いてるかよく分からなくなってきましたが、つまりそれだけ「ハンターハンター」が好きってこと。

来年は新刊でてくれるかな…

ちなみにハンター関連で一番好きな記事は、熊谷 真士さんの「ハンターハンターの最新刊を読むことは、出来ない」です。

控えめにいって天才。最&高。

 

ぼく
漫画史上、一番興奮したシーンは龍星群(ドラゴンダイブ)で会長とゼノが降ってくるシーンです。アドレナリンが止まらんかった…

 

2位:ペンタックス(PENTAX)K-5

ペンタックス(PENTAX)K-5

今年の初め、約8年ぶりにカメラを買い換えました。

買ったカメラはペンタックスのK-5。7年前に発売されたカメラです。

や、ほんとは最新モデルかつ上位機種の「K-1」が欲しかったんですが、20万越えにブルってしまい、結局「中級機かつ型落ち品」に落ち着きました。

ただ、以前使用していたカメラが同じペンタックスの初級機種である「K-m」だった為、画質は向上。

ISO感度を上げても、ノイズが少ない。つまり夜でも”ブレにくく”なったってことで、昼・夜共に満足できる写真が撮れる様になりました。

そして、吐き出される絵は7年前のカメラとは思えない….とても素晴らしいです。さすが中級機。さすがペンタックス。

ぼく
しばらくは「K-5」で戦い抜きます。

 

買ってよかった物「2位」に選出しましたが、普段使いで一眼レフを使うことはありません。

主な用途は「観光」です。つまり旅の記憶を記録する為。

今年もカメラ片手に色々な場所に行ったなー。

2017年旅行先の写真

ぼく
どの場所も思い出深いし、「K-5」で余すことなく撮影している為、記録としても大量に残ってます。

↓色々な場所へ行き、何千枚と写真を撮りましたが、一番思い出深い写真はコレ。

秋芳洞_巌窟王

秋芳洞_巌窟王

地下80mにある 長さ1Kmの鍾乳洞を三脚片手に練り歩いた記憶が…ただ、その甲斐あってピントはバッチリです。

来年も満足できる写真が撮れるといいな。

 

あと、「NikonでもなくCanonでもなく、なんで”ペンタックス”なの?」とよく聞かれるのですが、一番の要因は「FA Limitedシリーズ」を使いたいからです。

FA Limitedレンズ

引用:Zakki Func09

標準(43mm)・中望遠(77mm)・ 広角(31mm)、3種の焦点距離からなるフィルム時代からの名玉。

ぼくは、FA43mmしか持っていませんが、吐き出される絵は極上です。


↓FA 77mmの作例。いやはや素晴らしい。(この人の腕も相当なものだけど)

PENTAXユーザー必携:PENTAX-FA 77mm F1.8 Limited
PENTAXを使っていると誰もが一度は耳にするであろう傑作レンズのFA limitedシリーズ。このlimitedシリーズはフィルム時代に設計された3本のレンズで、31mm、43mm、77mm...

高くておいそれと購入することはできませんが、いつか全部揃えたい。そして撮りたい。その為のペンタックスです。

ぼく
基本広角で撮ることが多いから、次は31mmが欲しい。10万円超えだけど…

 

1位:iPhone 7

iphone7

今年買って良かったもの1位は「iPhone 7」。

当初は最新機種である「iPhone 8」を買う予定でしたが、You Tube・ネットサーフィン、SNSやLINEなど基本的なアプリしか使わないぼくにとって、「iPhone 8」は高スペックすぎました。(そして高い…)

とはいえ、前使っていたiPhoneが6sだったこともあり、それ以前のものはできるだけ使いたく無い。となると選択肢は必然的にiPhone 7一択に。

 

auからmineoに乗り換え

そして、これを機に大手キャリア(au)を解約し、格安SIM(mineo)へ乗り換えました。

iPhone 7の使い心地のよさはもちろんのこと、格安SIMについても何の不満も無いです。さすが関電。母体がしっかりしてるだけある。

スペックも向上した上、月額料金も安く抑えられる。

これ以上の買い物は無いですね。

ぼく
ただ、本体代が8万超えの為、1年間は大手キャリアで使うのと料金は変わらないです。本格的に安くなるのは13ヶ月目から。

 

iphone7のケース

ちなみに、ケースは「society6」で購入しました。イラストは、デヴィッド・ボウイのアルバム「アラジン・セイン」をパロッたもの。割とお気に入り。

 

 

まとめ

↓まとめるとこんな感じですね。


1位:iPhone 7(スマホ)
2位:ペンタックス K-5(カメラ)
3位:ハンターハンター 34巻(漫画)
4位:ブラッディマリー バングル(アクセ)
5位:マルジェラ コットンニット(服)


うん…なんつーか…これは、誰得の記事なんだろう 笑

まぁ、でもコレが嘘偽りなく、2017年に買って良かったものとなります。

特にマルジェラとブラッディマリーは現行では買えないモデルの為、一期一会感も相まって相当お気に入り。

ただ、ファッションは贅沢品なので、これからは抑えていく予定。使うにしても、靴・小物などお金をかけないと安っぽく見える箇所のみかな。

来年は、「インテリア」・「デジタル機器」・「家電」のいずれかに注力する予定です。

あぁ…それにしてもお金が足りない。仮想通貨でも始めるかな…

 

コメントを残す