【門真で運転免許更新】日曜日の混雑具合や当日の流れ、講習時間まとめ|最寄り駅「古川橋」から試験場へのアクセスも記載!

免許更新の当日の流れや様子、講習内容をまとめてみた。

免許証の更新を行うため、「門真運転免許試験場」へ。

最初は、「ゴールド免許やし、最寄りの警察署で済むわ!ラッキー♪」と思っていましたが、送られてきた案内状をみると、警察署の「土・日・祝」の対応はNG。

 門真運転免許試験場警察署
月曜〜金曜日

午前8時45分〜午後2時30分
(午後0時〜午後0時45分を除く。)

午前9時〜午後5時
日曜日×(受付していない)
土曜日・祝日×(受付していない)

なんなら、本丸の門真運転免許試験場でさえ、休日は「日曜日」しか空いていない。

ぼく
・・・・

国家公安委員会

有給使って来いよ!!
ぼく
行くわけねーだろ!!!

ってことで、行ってきました。

激混みが予想される「日曜日」に。

「門真運転免許試験場」へ。

免許証の更新手続きに必要なもの

現地まで行って「更新できない」となると、休日 or 時間が無駄になるので、出発前に入念にチェック。

更新手続きに必要なもの
  1. 運転免許証
  2. 「更新手続きお知らせ」のハガキ
  3. 手数料
  4. 筆記具
  5. メガネなど
  6. 暗証番号

この中でピンとこないのは、「暗証番号」だと思いますが、「暗証番号」は、運転免許証に埋め込まれている「ICチップ」を保護するための番号です。

当日、会場で「4桁の数字2組」を入力することになりますので、あらかじめ考えておいた方が良いです。

暗証番号設定

この機械に入力

ぼく
「1192」、「4649」など「4桁の数字2組」を入力します。

また、手数料は、過去5年間の違反歴に応じて支払う額が異なります。

4種類に分かれていますが、「更新手続きお知らせのハガキ」に、”自分がどれだけ支払えばいいか”が書かれています。

区分条件手数料
優良運転者過去5年間、無事故無違反3,000円
一般運転者過去5年間に軽微な違反(3点以下の違反)が1回3,300円
違反運転者過去5年間に軽微な違反が2回以上、もしくは4点以上の違反3,850円
初回更新者5年未満。初更新で、軽微な違反(3点以下の違反)が1回3,850円

その他、本籍や住所の変更手続きが必要であれば、「住民票の写し」が必要になります。

あと、夏であれば「うちわ」を持って行った方が良いです。

建物の外で待つ必要がありますし、中に入れたとしても節電中のため、冷房はあまり効いていません。(たぶん28度設定)

よってめちゃくちゃ暑いです。

門真運転免許試験場の最寄り駅は?

京阪本線の「古川橋」です。

「門真市」ではないので、お気をつけください。

門真運転免許試験場の最寄駅は京阪本線の「古川橋」。「門真市」ではない

ぼく
毎回間違いそうになる…

あと、下記事項は「古川橋駅」で済ませておいた方がいいです。

  • トイレ
  • ご飯
  • 飲み物を買う

なぜなら、免許試験場は更新を求める人で長蛇の列になっています。

写真撮影」までトイレに行く時間・飲み物を買う時間すらありません。

最低でも1時間弱、飲まず食わずの状態が続きます。

古川橋駅がゆっくりできる最後のチャンスになるので、トイレや飲食などは済ましておいた方が無難ですね。

古川橋駅から門真運転免許試験場の行き方は?

バスです。改札を出て右に曲がった先にバス乗り場があります。

busブルル…

ルート古川橋駅(南ターミナル) ~ 免許試験場前
料金230円
所要時間約5分

ただ、バスで5分ほどの距離なので、歩いていけなくもないです。

古川橋駅から門真運転免許試験場は徒歩で約16分

所要時間は約16分。距離にして1.3km。

徒歩 or バス、どちらで行くかは、時間と体力次第ですね。

また場合によっては、徒歩で行った方が早く着くかもしれません。

…というのも、今回「古川橋駅」に到着後、バス乗り場に直行しましたが、人がパンパンで乗れなかったため、次発のバスに乗らざるを得ませんでした。

ぼく
7時59分発のバスに乗るはずが、次発の8時25分のバスに乗る羽目に…

ぼくの行った時間帯では、時発のバスが来るまで26分かかったので、徒歩で行ってた方が早く着いてたっていう…

ただ、いうても1.3kmあるんで、その時の体力次第ですね。

当日の混雑状況・待機時間は?

屋内・屋外共にめちゃくちゃ混んでます。

ただ、キツイのは「大阪府証紙を買うまで」ですね。そこから先はサクサク進みます。

屋外の混雑状況・待機時間

受付開始時刻の15分前に到着しましたが、正面入り口には、すでに行列が。

門真運転免許試験場の正面入り口

8時30分時点の正面入り口

ただ、「思ったよりも少ない…!」と遠目から見たときは、思いました。

が!!!!

更新手続きは「南入り口」からなんですよね…

門真運転免許試験場_建物の外の行列

なので、正面入り口の行列は、列の後尾にあたります。

先頭はというと、建物の中に吸い込まれ、正面入り口からは”もはや”見えません。

更新手続きは「南入り口」から。

ぼく
一体!!この先!!どれ程の・・・!!

….と思いましたが、割と列はサクサク進みます。

運転免許試験場の中に入れたのは並び始めてから15分後。

門真運転免許試験場の南入り口

南入り口に到着。

脳裏には”楽勝”の2文字が。でもここからがキツかった…

屋内の混雑状況・待機時間(大阪府証紙を買うまで)

今回の更新手続きで一番キツかった過程です。

ようやく建物の中に入れた!!!と思ったら、「外」以上に並んでるっていう…

門真運転免許試験場_建物の中の行列

しかも節電中のため、冷房はあまり効いていません。

暑い屋内に立ちっぱなしで待つこと「50分」

証紙売場に到着。

門真運転免許試験場の証紙売り場

証紙売場。窓口をもっと増やして欲しい…

ただ、大変なのは”ここまで”ですね。ここから先は、サクサク進みます。

証紙の購入以降
  1. 書類記入 → 適性検査(視力検査)→ 暗証番号設定 → 書類提出:10分
  2. 写真撮影:30分(ほぼ待ち時間。撮影自体は1〜2分で終了。)
  3. 講習:60分(待ち時間30分。講習30分。)
ぼく
写真撮影、講習ともに結構待ちますが、これまでの様に並ぶ必要はありません。座れるし、トイレにも行けるので楽です。

続いては、当日の流れや講習の内容について。

当日の流れ・講習内容

当日の流れ
  1. 大阪府証紙を購入 
  2. 書類に記入
  3. 適性検査(視力検査)
  4. 暗証番号設定
  5. 書類を提出
  6. 写真撮影
  7. 講習

大阪府証紙を購入

免許証の更新手続きは、大阪府証紙を購入するところから始まります。

門真運転免許試験場の証紙売り場

この窓口にたどり着いたら「更新手続きお知らせ」のハガキを職員さんに渡し、所定の手数料を支払います。

すると「運転免許証更新申請書」に「証紙」を貼った状態で渡してくれます。

証紙が貼り付けられた運転免許証更新申請書

この申請書と”現”免許証を次の係の人に渡します。

書類に記入

係の人より、証紙が貼ってあるものとは別の「運転免許証更新申請書」と「質問票」を受け取ります。

ぼく
「運転免許証更新申請書」には、先ほど渡した”現”免許証がクリップで挟まれています。

運転免許証更新申請書

こちらの書類には「氏名・住所」などの個人情報を記入していきます。

もう一つの書類「質問票」は、書かれている質問に対して「はい・いいえ」で答えるだけ。

質問票

最後に署名をして終わりです。

これらの書類を持ったまま、次の「適性検査」に進みます。

適性検査

視力検査

適正検査=視力検査です。

左右それぞれの視力が0.3以上、かつ両目の視力が0.7以上あればクリア。

ちなみに「裸眼・メガネ・コンタクト」いずれも同条件のため、かなり ヌルい 優しい条件です。

続いては、暗証番号設定。

暗証番号設定

暗証番号設定

ぼく
「1192」、「4649」など「4桁の数字2組」を入力します。

暗証番号を設定する理由としては、免許証に内蔵されているICチップのデータを盗み取られないためです。

なんせ、ICチップには氏名・住所だけでなく、顔写真や免許所番号まで記録されているので…

暗証番号を使用する機会はほぼ無いかと思いますが、もしもの時のために控えておいた方がいいですね。

ちなみに、次回更新時に今回入力した番号(旧番号)を使用することはありません。

続いては、書類提出。

書類を提出

受付

手元にある書類を提出します。以上。

続いては、写真撮影のため、2階に上がります。

写真撮影

すんなりと写真撮影…という訳にはいきません。これまで同様、待つ必要があります。

が!!!!

並ぶのではなく、名前が呼ばれるまで待合室で待機という形になるので、座れるし、トイレにも行けるので楽です。

写真撮影の待合室

上の写真の通り、待合室は人で溢れかえっていたため、1時間は待つ覚悟をしていましたが、30分程で名前を呼ばれました。

撮影自体は一瞬です。髪の毛をセットする時間も無いほどに…

3〜5年は、免許証にその時の写真が使われるので、こだわりのある方は撮影室に入る前の鏡で髪型のセットをした方がいいです。

続いては講習。

講習

講習

ゴールド免許のため、30分で終了。

ちなみに講習時間が30分というのは「ゴールド免許(5年間無事故・無違反)」の場合です。

違反が多かったり、初めての場合は、「2時間」みっちり講習を受ける必要があります。

区分条件講習時間
優良運転者過去5年間、無事故無違反30分
一般運転者過去5年間に軽微な違反(3点以下の違反)が1回60分
違反運転者過去5年間に軽微な違反が2回以上、もしくは4点以上の違反120分
初回更新者5年未満。初更新で、軽微な違反(3点以下の違反)が1回120分

↓ちなみに講習内容はこんな感じ。

  • 交通事故による死亡は24時間以内の死亡を指しており、それ以外は事故者として扱われる。そのため、24時間”以後”の死亡も合わせると死亡者の数は3割位増える。
  • 夜と昼の事故率は半々。
  • 左から来た車との事故率が、大坂の場合全国の平均より5倍多い。
  • 大阪の交通事故発生率は全国で上から6番目。
  • 事故を犯した時に行うこと。
  • 交差点事故の映像(右着事故)

講習後に、念願の免許証を受け取ることができます。

ただ、免許証の受け取りは、名前を呼ばれた順なので、それまで講習室で待機する必要があります。待ち時間は長くても10〜15分程かと。)

これにて終了。

まとめ

当日の流れ・かかる時間
  1. 屋外で待つ:15分
  2. 証紙購入:50分(ほぼ待ち時間。)
  3. 書類記入 → 適性検査(視力検査)→ 暗証番号設定 → 書類提出:10分
  4. 写真撮影:30分(ほぼ待ち時間。撮影自体は1〜2分で終了。)
  5. 講習:60分(待ち時間30分。講習30分。)

門真運転免許試験場に到着してから、免許証を受け取るまでのトータル時間は「2時間45分」。

思ったよりスムーズに終わりました。

ただ、できれば最寄りの警察署で手続きを済ませたかったな…

門真運転免許試験場

グッバイ門真。また5年後。

ぼく
免許証に「平成35年まで有効」って記載されてるけど、ええんかな??まぁ、今の時点ではどうしようもないか…

ぼく
新元号は何やろ…?

そんな感じで。終わりッ!!

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください