【Google AdSense】収益に影響!?ads.txtの記述内容・WordPressへの設置方法や手順まとめ

ads.txt ファイルが含まれていないサイトがあります。収益に重大な影響が出ないよう、この問題を今すぐ修正してください。の原因と解決方法まとめ

グーグルアドセンスにログインすると、サイト上部に以下メッセージ(警告文)が表示される様になりました。

ads.txt ファイルが含まれていないサイトがあります。収益に重大な影響が出ないよう、この問題を今すぐ修正してください。

表示される警告文
ads.txt ファイルが含まれていないサイトがあります。収益に重大な影響が出ないよう、この問題を今すぐ修正してください。

これは何なのか?というと、アドフラウド(広告詐欺)対策が施されていないことに関する注意喚起です。

解決するためには、警告文に記載されている「ads.txt(アズテキスト)」をサイトにアップロードする必要があります。

そうすることで「このサイトはアドセンスの審査を通過した”ちゃんとした”サイトですよー!」ということが証明されるため、広告主が安心して広告を配信できるようになるという訳です。

ぼく
要はサイトの透明性を高める作業ですね。

こうした作業を皆が行うことで、偽の広告枠が広告主に提供されるのを防ぐことができ、ひいては、それまで偽サイト(フィッシングサイト)に流れていた広告費が正規のサイトに流れる様になるため、収益もアップ!

つまり、サイト運営者・広告主・Googleの三者がともにメリットを得られる「Win-Win-Win」の施策となります。

アドセンスのヘルプでは「使用することを強くおすすめします」と、あくまで推奨レベルに留めていますが、個人的には、“やらない理由”がないので、アドセンスを導入しているサイトは、もれなくやった方が良いかと。

以下に、「ads.txt(アズテキスト)」の記述内容や設置方法を記載します。参考になれば幸いです。

 

ads.txtの記述内容・WordPressへの設置方法や手順まとめ

STEP.1
アドセンスにログイン
Google AdSenseに「ログイン」します。
STEP.2
アドセンスのIDを確認する
アカウント情報でサイト運営者 IDをコピー

左側メニューの「アカウント > アカウント情報」から「サイト運営者 ID」をコピーします。

STEP.3
テキストファイル(.txt)を作成
ads.txtファイルを作成

テキストファイルを作成します。テキストファイルに記述する内容は以下の通り。

google.com, pub-0000000000000000, DIRECT, f08c47fec0942fa0

「pub-0000000000000000」の部分に先ほどコピーした「サイト運営者 ID」をペーストします。

STEP.4
ads.txtで保存
ads.txtで保存

ファイル名を「ads」とし、テキスト形式(.txt)で保存します。

STEP.5
ルートフォルダにアップロード
ドメイン名/public_htmlフォルダにアップロード

「FFFTP」などのFTPソフトを利用し、サーバーに接続し、先ほど作成した「ads.txt」を ドメイン直下の「public_html」にドラッグ&ドロップします。

これにて作業は終了。

ちなみに、警告文はすぐには消えないので、しばしお待ちを。

ぼく
ぼくの場合、翌日には表示されなくなっていました。

そんな感じで。終わりッ!!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください