【おすすめ包丁】料理のプロも認める切れ味!グローバルの包丁を購入してみた – 感想・レビュー

グローバル(GLOBAL)の三徳包丁を購入

包丁を買い替えました。

8年使った「ヴェルダンの包丁」から「グローバルの包丁」へ。

ヴェルダン(Verdun)の三徳包丁からグローバル(GLOBAL)の三徳包丁へ買い替え

買い換えた理由としては、刃こぼれや黒いシミの様な錆(さび)が目立つ様になってきたから。

「ヴェルダンの包丁」には、全く不満を感じてなかったので、同じものをもう一度購入しようかと思いましたが、最終的には、前々から気になっていた「グローバルの包丁」をチョイス。

惹かれた理由は、「デザイン性の高さ」ですね。

ただ、価格が「ヴェルダンの包丁」の約5倍だったため、包丁にこだわりの無い自分としては、購入するかどうか結構迷いました。

  • ヴェルダン:約2,000円
  • グローバル:約10,000円

…が、そうそう買い換えるものでも無いので、どうせなら自分が良いと思うものを買った方が、日々の満足感、つまりテンションが上がるので、値段よりも”そちら(つまりQOL)“を重視しました。

ぼく
ゆうて”ほぼ”毎日使うしね。
GLOBAL(グローバル)
¥9,720 (2019/09/20 02:59:41時点 Amazon調べ-詳細)

GLOBAL(グローバル)とは

日本を代表する包丁ブランドです。

優れた切れ味と洗練されたデザインから「包丁界のロールスロイス」という異名を持ち、世界的に高い評価を得ています。

製造元は新潟県・燕市に拠点を構える「吉田金属工業(株)」。

設立は1985年なので、今年で35年目を迎える刃物メーカーですね。

(グローバルの包丁の)特徴は、以下の通り。

  • 切れ味が抜群:水砥石(みずといし)と革砥(かわと)で仕上げる「エクストラエッジ」という刃付けを採用している。
  • 耐久性が抜群:医療用のメスと同じ成分でできている。(素材にモリブデンバナジウム鋼を採用)
  • 錆びにくい:刀身から柄(え)までオールステンレス。
  • 優れたデザイン性:グッドデザイン賞を受賞(2018年度)。
ぼく
速水もこみちがMOCO’S キッチンで使ってたり、アメトーーク!で千原ジュニアが絶賛してたことでも有名です。

GLOBAL(グローバル)の三徳包丁|商品詳細・レビュー

グローバル(GLOBAL)の三徳包丁を購入|商品詳細・レビュー

切れ味は抜群です。それはもう”スパスパ”切れます。

…がそれは以前使用していた「ヴェルダンの包丁」も同様ですね。買って間もない時は、それはもう怖い位 切れました。

「耐久性」や「錆びにくさ」も現時点では不明です。(なんせまだ1週間しか使っていないので。)

じゃあ「不満」なのか..?と言われると、全くそんなことはなく、むしろ満足度は高いです。

1番はやっぱり「デザイン性」。洗練されたフォルム、重厚感や高級感もかなりあるため、とにかく所有欲が満たされます。

ぼく
使う度、テンションが上がります。ぼくの中では、コレが結構重要。

あとは、「滑りにくさ」ですね。

(え)に施されている”ドットのパンチング“が滑り止めとなり、とにかく滑りません。

グローバル(GLOBAL)の三徳包丁の柄(え)に施されている"ドットのパンチング

握りやすさも相まって「フィット感」は抜群です。

ぼく
昔、包丁を滑らせ足にぶっ刺さったことがあるので、「滑りにくさ」は(包丁を選ぶに当たり)重視しているポイントの一つです。

オールステンレスは、衛生的・錆びにくいなど、メリットは大きいんですけどね…滑りやすさであったり、冬場に持った際、冷たくて”ヒヤッ”とするなど、地味にデメリットもあります。

その内の一つが解消されている点が個人的には嬉しかったです。

・・・

その他、有料にはなりますが、メーカーに研ぎ直しを依頼することもできます。

お値段は、1,000円〜1,500円(+発送料)。なお、返送時の送料・代引手数料は「メーカー持ち」となります。

なので、よっぽどのことが無い限り、一生使えるといっても過言では無いのでは。

・・・

少し値が張りますが、毎日使うものなので十分元は取れるかと。

メイド・イン・ジャパンのスタイリッシュな包丁。おすすめです。

そんな感じで。終わりッ!!

GLOBAL(グローバル)
¥9,720 (2019/09/20 02:59:41時点 Amazon調べ-詳細)
GLOBAL(グローバル)
¥1,296 (2019/09/19 23:58:54時点 Amazon調べ-詳細)

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください