【Apple】有線から無線キーボードに変更。iMac Pro仕様のMagic Keyboard(テンキー付き) – スペースグレイを購入したよ。

Magic Keyboard(テンキー付き)- 日本語(JIS) - スペースグレイを購入

7〜8年ぶりにキーボードを買い換えました。

↓買ったのはコレ

Magic Keyboard(テンキー付き)- 日本語(JIS) - スペースグレイを購入

マジックキーボード (テンキー付き)。

そして、色は新色の「スペースグレイ」。

選んだ理由としては以下の通り。

  • 上品かつオシャレ、そして汚れが目立ちにくい配色
  • 使っているパソコン(iMac)と調和するデザイン
  • イラレ&フォトショを多用する為、テンキーを付けることにより数値入力の効率化を図れる

まぁ、”ほぼ”見た目ですね。

…とはいえ、肝心の操作性に関しては、同デザインの「有線モデル」を長年使用していた経験上、快適なことは実証済。

Apple Keyboard 日本語版 (テンキー付)

以前使っていた有線キーボード。

操作性をまとめると以下の通り。
  1. キーピッチ(キーとキーの間隔):広い。その為、タイピングミスがしにくい。
  2. キーストローク(キーを押した時に沈み込む深さ):浅い。その為、素早くタイピングできる。

オシャンティで快適。となると買わない理由は無い!

ということで、はなから他のキーボードを買うという選択肢はありませんでした。

…とはいえ、メリットばかりではなく、当然デメリットもあります。

  • 税込17,064円といいお値段
  • 充電式の為、わざわざ充電するのがメンドくさい
  • 古いOSに対応していない(macOS Sierra 10.12.4 以降で対応)

こんなとこかな…

ぶっちゃけ値段に関しては、擁護できません 笑 高いです。

値段が高い

ただ、ぼくの場合、キーボードを触らない日はありません。365日触っています。

使用頻度が高いものだからこそ”こだわりたい”。

あと、「iMac」は、インテリアとして見た時、存在感が強いアイテムといえます。

そんな目立つアイテムとテイスト(ブランド)を合わせることにより、統一感が生まれ、インテリア性を高めてくれるという相乗効果も期待出来ます。(合わせ技一本って感じですね。)

なので、インテリアにこだわりたい方にはオススメ。

充電

充電に関しては、一回充電すれば、一ヶ月もつとApple公式で謳っています。

まだ一度も充電していないので、果たしてそれが本当なのかは分かりませんが、今の所、充電することなく一週間使えてます。

「どれくらいの頻度で使えば、それほど長持ちする」かは不明ですが、今の所こまめな充電が必要な感じはしないですね。

macOS

OSに関しては、何ともいえないですね…

まぁ、OSを「10.12.4 (Sierra)以上」にアップデートすればいい話なんですが、ソフトウェアとの兼ね合いでアップデートできない人もいるかと思います。

ちなみに、ぼくが使用しているOSは「 10.11.6(El Capitan)」ですが、問題なく使えました。

なので、古いOSでも動作保証をしていないだけで、普通に使えるかもしれません。

ただ、それで使えなかったとしてもメーカー(Apple)が補償してくれる訳ではないので、あまりにも古いOSを使っているのであれば、買わないほうが無難ですね。

ぼく
いざ!開封!!

↓同梱物はこんな感じです。

Magic Keyboardの同梱物

  1. USBケーブル(Lightning)
  2. 取扱説明書・マニュアル
  3. マジックキーボード(テンキー付き)

It’s Very Simple

↓キーボードの裏面には、おなじみのロゴマークが刻印。

Magic Keyboard(テンキー付き)裏面

ぼく
余白の取り方が美しい…

↓充電口と電源の場所は以下の通りです。

Magic Keyboard(テンキー付き)電源と充電口

同梱物や外観はこんな感じ。

製品自体の美しさもさることながら、パッケージといい、収容の仕方といい”こだわり”がすごい。アップルの美学を感じます。

また、旧モデル(有線モデル)に比べると相当な進化が。(なんせ7〜8年ぶりの買い替えなので…)

一番大きな変化は「有線→無線」に変わったことですが、サイズや重さも改良されています。

ぼく
以前のモデルに比べ、とにかくコンパクト。

Magic Keyboardと有線キーボードを比較

横幅も狭まってるし…..

Magic Keyboardと有線キーボードの高さを比較

高さもUSBポートが無い分、低くなっています。

表にまとめるとこんな感じですね。

 マジックキーボード有線キーボード
41.8cm43.5cm
高さ4.1mm〜10.9mm3.4mm〜18mm
重さ390g565g

ぼく
一番驚いたのは”重さ”。めちゃくちゃ軽くなっています。

長々と説明してきましたが、Mac使い(マカー)でキーボードを買い換えるとなったら、「サードパーティー製」ではなく、「純正品」を選ぶ人の方が多いはず。

そして、マカーであれば、純正品のキーボードが「快適な使用感」であることは、言うに及ばず。

じゃあ、なぜこの記事を書いたのか…

今回の記事で伝えたかったのはコレです。

「10.11.6(El Capitan)」でも使える!…ということ。

Adobe系のソフトを使っている方であれば、Java 6をサポートする最後のOS「El Capitan」で”あえて”OSのアップデートを止めている方も多いはず。

そんな方に「いや、使えるで!」ということを伝えるための記事です。

あと、こちらのキーボードを買うのであれば、「保護カバー」も合わせて買った方が良いですね。

エレコム キーボード防塵カバー Magic Keyboardテンキー付用

カバーをつけることで、本体に汚れがつかない + カバーは取り外しができるので、定期的に洗って清潔さを保てます。

そして何より大きいのが、水や飲み物をこぼした時、キーボード本体が濡れないこと。

えぇ…そうです…今回ぼくが買い替えた理由が”水濡れ”が原因の故障なので…

故障したキー

これらのキーが反応しなくなりました…

ということで、「保護カバー」はあった方がいいですね。ちょっと打ちにくくなりますが…

エレコムの防塵カバーをつけたマジックキーボード

保護カバーを装着

あと、テンキー付きの保護カバーを購入するとなると、今のところ「エレコム製の保護カバー」1択となりますが…

方向キーの上にエレコムのロゴが刻印

ぼく
ナゼそこにつけたし…

現場からは以上です。(打ちにくくなるし、ダサくなるけど、それでも保護カバーはあった方がいいかと..)

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください