【https化】ロリポップが独自SSLを無料提供!WordPressでの導入手順をまとめてみた。

独自SSL_アイキャッチ画像

最高かよ!

今まで無料独自SSLを展開しているサーバー会社は、下記2社だけでしたが・・・


  • エックスサーバー
  • MixHost

ついに業界最大手の一つ「ロリポップ」も独自SSLを無料提供。

しかも全プランを対象ってところが凄い。

月額100円の「エコノミープラン」でもSSL化できますからね。

 

ロリポップユーザーとしては嬉しいところ。なので・・・

早速導入。手順をまとめてみた。

Googleがクロームに関しては「2017年10月以降、https化されていないサイトに対し、URLの横に「安全ではない」という警告メッセージを表示させる」と発表しています。不安をあおるネガティブなメッセージが常に表示される為、直帰や離脱に影響を及ぼす可能性が多大にあります。よって常時SSL化は必須の作業です。

 

ロリポップ側で行う設定

①:独自SSLの設定

1.ユーザー専用ページにログイン

ユーザー専用ページ』へアクセスします。

ログイン画面が表示されますので、「使用しているドメイン」と「パスワード」を入力し、ログインボタンをクリックします。

ロリポップ_ログイン画面
ぼく
ちなみに独自SSLの対象は「独自ドメインを取得・設定済みの方」となります。なので、ロリポップが提供している初期ドメインをそのまま利用している方は対象外です。

2.メニューより「独自SSL証明書 > 証明書お申し込み・設定」をクリック

SSL証明書のお申し込み・設定

3.対象のドメインに対して、SSLを設定する

画面が開くと初期状態で「SSL保護されていないドメイン」のタブが選択されています。

独自SSLの設定画面

独自SSLを設定

独自SSLを設定するドメインのチェックボックスにチェックをつけた後、「独自SSL(無料)を設定する」ボタンをクリックします。

ぼく
チェックするドメインは2つありますが、下のドメインはサブドメインです。こちらのドメインのチェックボックスにもチェックをつけましょう。

4.設定完了

「SSL保護無効」が「SSL保護申請中」に変わります。5分程待った後、ページを「更新」します。

独自SSL申請中
ぼく
Windowsの場合は「F5キー」、Macの場合は「⌘(command) + R」キーでページが更新されます。

独自SSL保護有効

更新をすると、「SSL保護されていないドメイン」のタブから「すべてのドメイン」のタブに移動します。そして、ステータスが「SSL保護有効」に変わります。

独自SSL設定完了

設定したドメインの冒頭を「http」から「https」に変更してアクセス。

サイトが表示されれば、第一段階はクリアです。

 

②:リダイレクト設定を行う

続いて行うのが、リダイレクト設定(※)。

※“旧”URLにアクセスしてきたユーザーを、自動的に”新”URLへ転送させる仕組みです。また、この設定を行うことで、”旧”URLで培ったSEOの評価を引き継ぐことができます。

“リダイレクト”設定を行うには、「.htaccess」というファイルにステータスコード「301」を記述する必要があります。

メニューより「WEBツール > ロリポップ!FTP」をクリック

ロリポップFTPをクリック

「.htaccess」を見つける為に下の階層へ。

.htaccessを探す

恐らくすぐに見つかる筈。

 .htaccessを見つける。

ぼく
.htaccessはサイト全体に対し、各種設定を施すファイルの為、上位階層に保存…言い換えると「index.php」と同じ階層に基本格納されています。

 

↓「.htaccess」ファイルをクリックすると…

下記画面が表示されます。

.htaccessの記述内容

コードを入力するエリアに、ステータスコード「301」を記述します。


ぼく
下記コードがステータスコード「301」です。そのままコピーして、エリアの一番上に貼り付けてください。

ステータスコード301をペースト

301コードの記述が済んだら、ページの下にある「保存」ボタンをクリックします。

これにて「リダイレクト設定」は終了。

 

続いては、WordPress側で行う設定について。

 

WordPress側で行う設定

①:一般設定のURLを「https」に変更する。

管理画面にログインして、左側のメニューより「設定」>「一般」をクリックします。

独自SSL_wordpressでの設定

「WordPress アドレス (URL)」と「サイトアドレス (URL)」に設定しているURLの冒頭を「http」から「https」に修正します。

変更を保存ボタンをクリック

修正後、ページ下部にある「変更を保存」ボタンをクリックします。

これにて終了。

 

ぼく
続いては、一番手間のかかる内部リンクを「https」に変更する作業。

 

②:内部リンクを「https」に変更(画像編)

この段階では、URLが”https”になっているにも関わらず「安全ではない」というメッセージが表示されている筈。

内部リンクをhttpsに変更

このメッセージが表示される原因は、ブログ内で使用している画像のURLが”http”のままだから。

その為、それらのURLを「http」から「https」に変更していきます。

ぼく
手作業で一つ一つ変更するのは大変なので、プラグインを使って一気に変更します。

 

利用するプラグインは、「Search Regex」

search-regexで置換作業を行う

↓まずは・・・

プラグイン「Search Regex」をインストール。

SearchRegexをインストールする

左側のメニューより「プラグイン」>「新規追加」をクリックし、「Search Regex」をインストールします。

「有効化」をクリック。

SearchRegeの有効化をクリック

左側のメニューより「ツール」>「Search Regex」をクリックします。

 SearchRegexをクリック

「Search Regex」の入力画面が表示されます。

ぼく
ここから画像のURLを「https」に変更していく作業となります。


ブログ内で使用している”画像”を「https」に変更

置換に必要な入力項目が表示されるので下記の通り入力します。

Replace&Saveをクリック
Source
Post Content(初期値)
Limit to:
No limit(初期値)
Order By:
Ascending(初期値)
Search pattern
元のURL(http://〜 のURL)
Replace pattern
新しいURL(https://〜 のURL)
Regex
全ての項目にチェックをつけない(初期値)

「Replace & Save」ボタンを押すと一気にURLが変更となり、元に戻すことができません。不安な方は、「Replace」ボタンを押すことでURLがどのように変化するか(ビフォーアフター )が確認できるので、そちらのボタンを先に押しましょう。

ぼく
入力するのは「Search pattern」と「Replace pattern」だけ。他の項目は初期値のままで問題ありません。

 

↓「Replace & Save」ボタンをクリックすると・・・

 

URLの冒頭が「http」から「https」に置き換わります。

 

但し、これはスムーズに置換できた場合です。

記事数が多い上に、画像をたくさん使用している場合、”一括置換”はできません。

無理してやろうとすると、下記の様に真っ白な画面が表示され、置換自体が失敗します。

search-regexの画面が真っ白に

これは、置換箇所が膨大で処理しきれてない証拠。

その為、「細かく分けて」置換作業を行なっていく必要があります。

 

こちらの対処法については、下記記事にまとめましたので、上手くいかない方は、参考にしてください。

 

これで”ほとんど”の画像URLが”https”に変わりました。

が!!!

You Tube、アフィリエイトリンクは「http」のままです。

 

③:内部リンクを「https」に変更(アフィリエイト編)

アフィリエイトリンクを”https”に変更するには、「画像編」と同様、「Search Regex」を使用します。

モール型物販アフィリエイト(Amazon、楽天)であれば、多くの方が「カエレバ・ヨメレバ」を利用している筈。

以下、「カエレバ・ヨメレバ」系の変更方法となります。

 

● Amazonアソシエイト


アマゾンアソシエイト
Search pattern http://ecx.
Replace pattern https://images-fe.ssl-
ぼく
入力するのは「Search pattern」と「Replace pattern」だけ。他の項目は初期値のままで問題ありません。

入力後、「Replace & Save」ボタンをクリック。

これでAmazonアソシエイトのリンクが「https」に変更されます。


 

● 楽天


画像とリンク、両方のURLを「https」に変更する必要がある為、置換作業を2回行います。

・画像

Search pattern http://thumbnail.image.rakuten.co.jp/
Replace pattern //thumbnail.image.rakuten.co.jp/

↓続いて…

・リンク

Search pattern http://hb.afl.rakuten.co.jp
Replace pattern //hb.afl.rakuten.co.jp

「Replace & Save」ボタンをクリック。


 

その他、特化型物販アフィリエイト(A8、バリューコマースなど)を利用している場合も当然置換作業が必要です。

 

● A8


他のアフィリエイトサービスと違い、A8だけ置換ができません。

その為、「A8」に関しては、再度広告を貼り直す必要があります。

ぼく
各アフィリエイト会社が「https」に対応する為、SSL用のアフィリエイトリンクを発行しましたが、A8以外はURLの一部のみ変更の為、「Search Regex」による置換作業が行えます。業界最大手のA8だけ、ごっそりURLが変更になった為、置換作業が行えません。何故だ…

 

● バリューコマース


画像とリンク、両方のURLを「https」に変更する必要がある為、置換作業を2回行います。

・画像

Search pattern http://ad.jp.ap.valuecommerce.com
Replace pattern //ad.jp.ap.valuecommerce.com

↓続いて…

・リンク

Search pattern http://ck.jp.ap.valuecommerce.com
Replace pattern //ck.jp.ap.valuecommerce.com

「Replace & Save」ボタンをクリック。


 

● もしもアフィリエイト


リンクとインプレッション計測、両方のURLを「https」に変更する必要がある為、置換作業を2回行います。

・リンク

Search pattern http://c.af.moshimo.com
Replace pattern //af.moshimo.com

↓続いて…

・インプレッション計測

Search pattern i.af.
Replace pattern i.

「Replace & Save」ボタンをクリック。


主要なアフィリエイトサービスの「https化」はこれにて終了。

 

続いてはYou tube。

 

④:内部リンクを「https」に変更(You Tube編)

画像編」と「アフィリエイト編」と同様、「Search Regex」を使用。

リンクと画像、両方のURLを「https」に変更する必要がある為、置換作業を2回行います。

 YoutubeのURLをhttpsに変換

・リンク

Search pattern http://www.youtube.com
Replace pattern https://www.youtube.com

↓続いて…

・画像(※)

Search pattern http://img.youtube.com
Replace pattern https://img.youtube.com

※動画を埋め込みではなく、サムネイル画像で表示させる仕様にしている場合のみ、必要な作業です。

これで終わり…かと思いきやまだあります。

テーマカスタマイザー、ウィジットで指定している画像が「http」のままです。

 

⑤:テーマカスタマイザー、ウィジェットの画像を「https」に変更

テーマカスタマイザー、ウィジェットの画像は、

ロゴやトップ・・・


テーマカスタマイザーで設定している画像

ファビコン・・・


ファビコン画像

プロフィール画像のことです。


プロフィール画像

 

これらの画像を、一度削除し、UPし直す必要があります。

 

● テーマカスタマイザーの設定(トップ画像、ロゴ、ファビコン)

テーマカスタマイザーの設定

左側のメニューより「外観」>「カスタマイズ」をクリックします。

テーマカスタマイザーの設定(トップページ)

「トップページ設定」をクリックします。

テーマカスタマイザーの設定(トップページ)

「ヘッダー背景画像」に指定している画像を削除して、もう一度同じ画像を設定します。

ぼく
これでトップ画像の「https化」が完了です。

続けて、「ロゴ」と「ファビコン」画像。

テーマカスタマイザーの設定(サイトロゴ・アイコン)

「サイトロゴ・アイコン」をクリックします。

テーマカスタマイザーの設定(サイトロゴ・アイコン)

先程と同じ作業を「ロゴ画像・ファビコン・IE用ファビコン・アップルタッチアイコン」で行います。

ぼく
これにてテーマカスタマイザー側の設定は完了。

 

続いてはウィジェットの設定です。

 

● ウィジェットの設定(プロフィール画像)

ウィジェットの設定

左側のメニューより「外観」>「ウィジェット」をクリックします。

ウィジェットの設定(プロフィール画像)

メインサイドバーの項目よりプロフィール画像を指定している「ウィジェット」を選択します。

そして、プロフィールに指定している画像のURLを「http」から「https」に変更します。

ぼく
これで全ての画像が「https」に変わった筈。

とはいえ、本当に全ての画像が「https」に変わったのか心配ですよね?

安心してください。確認する方法がありますよ。

 

⑥:全ての画像が「https」に変わったのか調べる方法。

自分のブログのページ上で「F12」、もしくは右クリックのメニューから「検証(※)」をクリックしましょう。

※Googleクロームで確認する場合。

上部のタブより「Console」をクリックします。すると・・・

 検証を押し、エラーが表示されていないか確認

「http」の画像が残っていれば、エラーメッセージが表示されます。

↓エラーメッセージを選択すると・・・

エラー内容を確認

URLが変わっていない(httpのまま)の画像を表示してくれます。

あとは、それらの画像を一旦削除し、もう一度同じ画像を設定します。

これで残りの画像の「https」化が完了します。

ぼく
ここまでの手順を踏んでいれば、「http」の画像はそこまで残ってない筈。その為、手作業で作業してもそれほど時間はかかりません。

 

もしくは、「Search Regex」を使用し、残りの画像を一気に「https」に変更するかですね。


残りの画像をhttpsに変更
Search pattern http://img
Replace pattern https://img
ぼく
ぼくは、”この作業”で残りの画像を「https」に変更した後、全記事にアクセスし、Consoleで「http」の画像が残って無いか確認作業を行いました。(結果、無かった。)

この作業は面倒くさいですが、全ページで行いましょう。

一つでも「http」の画像が残っていればアウトなので。

 

続いては、SNSのカウント数の復活について。

 

⑦:SNSのカウント数の表示を復活

「https」にURLを変更すると、今まで取得してきたSNSのカウント数がリセットされます。

SNSのカウント
ぼく
これらの数字が無かったことに。

その為、プラグインを利用して、SNSのカウント数を復活させましょう。

 

使用するプラグインは、「SNS Count Cache」

SNS Count Cache

↓まずは・・・

プラグイン「SNS Count Cache」をインストール。

SNS Count Cacheをインストール

左側のメニューより「プラグイン」>「新規追加」をクリックし、「SNS Count Cache」をインストールします。

「有効化」をクリック。

SNS Count Cacheを有効化

左側のメニューより「SNS Count Cache」>「設定」をクリックします。

 SNS Count Cacheから設定をクリック

↓すると・・・

「SNS Count Cache」の設定画面が表示されます。

SNS Count Cacheの設定を変更

項目「HTTPからHTTPSへのスキーム移行モード」を「有効」に変更した後、「設定の更新」をクリックします。

これでSNSのカウント数が復活します。

 

続いては、Google側で行う設定について。

 

Google側で行う設定

Googleアナリティクスの設定変更

まずは、Googleアナリティクスに登録しているURLを「https」に変更する作業。

 

Googleアナリティクス』にログイン。

googleアナリティクス_管理画面へ

左側のメニューから「管理」をクリックします。

googleアナリティクス_プロパティ設定をクリック

「プロパティ設定」をクリック。

googleアナリティクス_デフォルトのURLをhttpsに

デフォルトのURLを「http://」から「https://」に変更し、サイト下部にある「保存」ボタンをクリックします。

googleアナリティクス_ビュー設定をクリック

管理画面に戻り、「ビュー設定」をクリック。

googleアナリティクス_デフォルトのURLをhttpsに

今度はウェブサイトのURLを「http://」から「https://」に変更し、サイト下部にある「保存」ボタンをクリックします。

ぼく
これにてGoogleアナリティクスの設定は完了。

 

続いては、Googleサーチコンソールへ「https」のサイトを新たに登録する作業です。

 

Googleサーチコンソールへ新規登録

アナリティクスとは違い、サーチコンソールは新規登録が必要です。

ぼく
「http」のサイトを登録していても、新規登録が必要。尚、「http」のサイトは削除しないでください。以前のデータ(httpの時の内容)が見れなくなるので。

 

大まかな流れとしては・・・

↓サーチコンソール側での作業


  1. 「https」のサイトを新規登録
  2. 所有権の確認
  3. サイトマップを送信

 

↓アナリティクス側での作業


  1. アナリティクスとサーチコンソールを紐付ける

これら2つのツールでの登録作業が必要になってきます。

 

画像で説明するより、動画で見た方がスムーズなので、以下の動画を参考にしてください。

↓サーチコンソールの設定について

 

↓アナリティクスとの紐付けについて

 

これにてSSL化の作業は終了です。

お疲れ様でした。

ぼく
「http」のままだと、URL横に「安全ではない」というメッセージが表示される為、「https化」は必須です。しかもそれが無料で設定できるなら”なおさら”。変更作業は大変ですが、メリットのほうが大きいので、これを機に変更しちゃいましょう。