【乃木坂46】齋藤飛鳥の1st写真集『潮騒』を購入したよ!次世代のエース「あしゅ」の魅力を語ってみる。

潮騒_アイキャッチ画像

ピンポーン

宅急便

宅急便でーす。

 

ガチャ

ドアが開く

 

ポン

ハンコを押す

 

アリガトウゴザイマシター

ついにきた。

何がって??

ぼく
齋藤飛鳥の1st写真集だよ!

 

潮騒

 

 

齋藤飛鳥ってどんな子?

齋藤飛鳥

引用:67.media.tumblr.com

齋藤 飛鳥(さいとう あすか、1998年8月10日 – )は、日本のアイドル、モデルであり、女性アイドルグループ乃木坂46のメンバー、『CUTiE』の元専属モデル、『sweet』のレギュラーモデルである。愛称は「あしゅ」。

引用:Wikipedia

+ 補足で・・・「次世代のエース」。

 

これは間違いないでしょう。スキャンダルでも無い限り…

乃木坂は、今後1、2年で主力メンバーががらりと変わる筈。(お姉さんメンバーの卒業により。)

運営側もそれを見越して、若いメンバーの露出を増やすべく(次世代にバトンを受け渡す様)、舵を切ってます。

 

その中でも齋藤飛鳥の活躍は目覚しい。

 

15thシングルでのセンターを皮切りに、マウスCMの出演(しかも立ち位置は豪華メンの中でのセンター。)+ タウンワークのCMにも出演。これは乃木坂としてではなく単独で。(共演者はダウンタウンの松っちゃん!羨ま!)

 

そして今回のソロ写真集ですよ。もうね、これでもかっ!っていう位ゴリゴリ推されてます。

 

最近露出が増え、活躍が目覚ましいので気になる方も増えてる筈。

 その人気を裏付けるように今回の写真集、既に売り上げが10万部突破をしたとの事。

ぼく
発売してから1週間も経ってないのに・・・凄ぇ!!!

 

た、だ、乃木坂って層が厚いんですよ。最初から人気の子もいれば、後からじわじわ人気が出てくる子もいます。

 

斎藤飛鳥は完全に後者。

 

去年の今頃に写真集を発売しても今回の様に売れなかった筈。

 

何があったのか?

 

「齋藤飛鳥 魅力」と調べると出てくるのは大体・・・


  • アイドル界最小の小顔
  • ドラムが上手い
  • ミャンマー・日本人とのハーフ
  • 毒舌

この4点。うん、間違ってない。間違ってないけど、この字面だけ見て魅力伝わる?

ぼく
伝んねーだろ!

 

なんで勝手に語ってみる。

 

かつて、川越P(※)は言いました。

※川後P: 乃木坂46のメンバー「川後陽菜」のあだ名。色んな人にあだ名を付けており、それらが印象的である為、川後プロデューサー 略して「川後P」と呼ばれている。

 


目標を立てたところで「見た目」だよ。

(2016年2月29日、乃木坂工事中、「今だからこそミンナに伝えたい授業」より抜粋。 )


 

うん。確かに間違ってない。

間違ってないけど、必要なのは「見た目」だけじゃない。

 

むしろ重要なのは「個性」。

 

2016年紅白歌合戦裏トークチャンネルでバナナマン日村勇紀は言いました。


「このグループにはブスがいねぇ!」


 

そうなんです。当たり前ですがアイドルなんで皆可愛い。

特に乃木坂はレベルが高い。

 

アイドル見ててたまに思うじゃないですか。

お前よう入れたな…って。

 

乃木坂の場合それが皆無。ビジュアルは激高。なので、そこから突き抜ける為には前述した通り個性が必要になってきます。

じゃあ斎藤飛鳥の魅力はなんなのか?

 

齋藤飛鳥は圧倒的ビジュアルの持ち主である。

投石ビュン

あっ、待って石投げないで…

分かってる。結局そこかよ!ことでしょ。

 

そうだよ ( ・-・ )

 

もうね、圧倒的。タイプであろうがなかろうが老若男女問わず誰が見ても超絶可愛いと思う筈。

 

乃木坂は全員可愛いけど、顔の好みは人それぞれ。なので、人によっては可愛くないっていう人も出てくる。

飛鳥ちゃんには、その垣根が無い! (๑⁼̴̀д⁼̴́๑)ドヤッ‼

 

ただ、何度もいうが、乃木坂はレベルが高い。好みに左右されないビジュアルの持ち主は、齋藤飛鳥以外にも複数いる。(白石麻衣、松村沙友理 、橋本奈々未、西野七瀬、衛藤美彩、斎藤ちはるかな。)

 

じゃあなんで齋藤飛鳥を推してるのか?

ここからは「個性」の話。

 

齋藤飛鳥は冷めている。

そう、とにかく冷めているのである。アイドルにありがちな「キャピ感・萌え感」が一切ない。

 

何万人を埋め尽くすドームでのライブ中。盛り上がりは最高中。演者もドーパミン出まくりの筈。

そんな状況にも関わらず、客席で観覧している設楽さん(バナナマン)の前に来て「これ(サインボール)、入ります」と普通のトーンで言う飛鳥ちゃん。

その冷静さぶりに逆に設楽さんが焦るっていう。

 

イヤッフゥ!! ってなっててもおかしくない状況の中でのテンションキープ。

周りの状況に左右され、感情の起伏が激しくなるぼくからしたら羨ましい限りだ。

 

齋藤飛鳥は闇である。

趣味は読書だが、選ぶ作品は超ダーク。人間の裏・汚い部分が書かれてる本ばかり読む。

その他、音楽も好きで、めちゃくちゃ詳しいが、こちらも読書同様、暗い曲を好む。

 

2016年11月27日 乃木坂工事中  「私の一曲」という企画で紹介した曲はエヴァネッセンスの「going under

ぼく
懐かしいなぁ..

 

ちなみにこの曲は、「洋楽 歌詞 重め」で検索して知ったとの事。

曲を知ったプロセス含め、とにかく暗い。

 

だから15thシングルで初センターが決まり、発表された曲名が「裸足でSummer」と聞いた時の違和感は半端なかった。

ぼく
なんだそのキャピッてるタイトルは?

 

聞いてみると予想通り、曲調はとにかく明るく、ライブでも盛り上がる曲である。

いや、良いんだけどさ..,

イメージと全然合わなくね…

 

と思ったが、歌ってる時の彼女は普段と違い、曲調に合わせてノリノリである。

普段の彼女との落差ぶりにやられたり…いわゆる「ギャップ萌」ってやつである。

 

ぼく
やるじゃん運営!!

 

齋藤飛鳥はS(キャラ)である。

可愛らしい容姿に反して、つれない物言いをする。

だか、そこが良い!!媚びるとは真逆のスタイル。

 

乃木坂1の媚びる代表といえば秋元真夏だが(もはや職人芸)、彼女との絡みは毎回見てて微笑ましい。

#真夏そこ代われ !

※「#らりんそこ代われ」を文字りました。「#らりんそこ代われ」とは、元乃木坂46メンバー「永島聖羅」の人気企画。メンバーとのいちゃつきをブログなどで続々投稿。ファンからしたら羨ましくて仕方ない為、この言葉が生まれる。

 

齋藤飛鳥はか弱い女の子である。

ここまで書いてきた内容を見ると、綾波レイ的な女の子を想像するかもしれないが安心して欲しい。

彼女はよく泣く。

 

15thシングルでセンターという座を射止めたが、上述した通り、最初から順風満帆だった訳ではない。

10thシングルまでは「選抜とアンダー(※)」を行き来しており、人気メンとはほど遠い存在だった。

※新しいシングルをリリースする度、シングルに参加するメンバーが選ばれます。(全メンバーの内、約半数が選抜。選抜に選ばれなかったメンバーはアンダーと呼ばれます。)
 

 

そんな彼女の人気が爆発したのはこの企画がきっかけだと思う。

 


乃木坂工事中 2016年2月7日 バレンタイン企画


2期生が憧れの1期生メンバーを1人選んでプレゼントを渡すという企画。

この企画が秀逸なのは、ただ単に渡すのではなく、「私この人から貰えます。」と、事前に自己申告をしなければいけない所。

貰える人は一人。なので、当然貰えない人も出てくる。

 

この企画で齋藤飛鳥は魅せてくれる。

 

普段仲が良く、貰えるだろうと高を括っていたらまさかの3連敗。

一人目は軽く凹んだだけだが、2人目に振られた時点で涙を流し、3人目では「もういいよ!」と吐き捨てる。

 

それだけに止まらず、チョコを貰えないであろうメンバーを「貰えるから行きなよ」とけしかけ、案の上、貰えなかった時に意地悪く笑うSっぷりを見せる。

 

齋藤飛鳥の魅力が爆発した回である。

 

設楽さんも番組内で言っているが、この企画で齋藤飛鳥がここまで注目されるとはファン含め誰1人と想像してなかっただろう。

 

だが、間違いなくこの企画で鷲掴みにされた人は多い筈。かくゆうぼくもその一人だ。

 

 

ちなみにこれ以外でも、

二期生と企画内で争いたくないと泣いたり・・

ぼく
イジリーさんの困惑振りも注目。イジリーさん なんも悪ないww

 

センター時のドーム公演。本番開始前、不安と緊張か・ら・の決意表明の涙だったり・・

 

ぼく
これはグッときた。

 

とにかく彼女はよく泣く。

 

この脆さも齋藤飛鳥の大きな魅力の一つだ。

 

齋藤飛鳥はよく笑う

泣いてる印象も強いが笑っている印象も強い。

そんなに頻繁ではないが、普段クール(低温)なだけに、泣いたり、笑ったりなど感情を発露されるとされるともの凄く印象に残る。

ここまで書いて思った。

もしかしたら天性の釣り師かもしれない・・・

 

最近印象的だった笑顔は 2016年12月29日「乃木坂工事中SP 乃木坂46&欅坂46合同忘年会!」。

欅坂46と対戦。勝負に勝つとご褒美として「「寿司・肉・クレープ」を食べれると知らされた時の笑顔。

 

カメラに抜かれた訳ではなく、端っこに写ってるだけでしたが・・・

見逃すわけがないその笑顔を。

ぼく
日村さん可愛すぎww

 

お母さんとの関係性が良い

生粋のお母さんっ子である。

朝食を食べさせてもらったり(ドライヤーで髪を乾かしてる時、口にご飯を運んでもらうとのこと)、服を買う時、必ずお母さんに相談し、お母さんが良いとしか言ったものしか買わないなど、数々の強烈エピソードを持つ。

 

強烈がゆえに番組内でも何度か取り上げられている。

 

齋藤飛鳥のお母さんはミャンマー人。

このお母さん、娘と真逆で・・・

 

とにかく明るい。

ぼくがネアカな人は誰?と聞かれてパッと思いつくのは、「さんまさんか齋藤飛鳥の母親」。

 

お笑い怪獣と同等である。

 

強烈なエピソードゆえ、番組に何度か登場(音声のみ)してるけど、いつ登場しても明るい。たぶん四六時中こんな感じなのだろう。

 

いやはや素晴らしい。

 

いつかお母さんみたく明るくなる日は来るのだろうか・・・

 

ちなみに昔は今と違い天真爛漫でした。

ぼく
懐い・・・

 

総括

まとめると、普段はすげー低温・Sっ気満載だが、ふとした瞬間に見せる感情の発露が堪らない・・・

「ギャップ萌え」こそが齋藤飛鳥の最大の魅力である。

 

 

齋藤飛鳥 1st写真集「潮騒」 画像(表紙・裏表紙・特典)

ちなみに満を辞しての写真集。どんな感じかというと・・・

 

表紙・裏表紙

潮騒_本表紙

撮影地は「 北海道と沖縄」。一番最初に見せた相手は「お母さん」だそう。渡してすぐ逃げたとか。何その可愛いエピソード。

 

ポストカード

潮騒_ポストカード

こちらは通常特典。8種類あります。

 

 

限定特典

「セブンネット」か「楽天ブックス」のどちらかで購入することが条件。ぼくは「楽天ブックス」にて購入。

ぼく
特典は飛鳥ちゃんが描いたブックカバー!

 

潮騒_特典

 

ぼく
・・・
ぼく
ジョジョにこんな絵を描くスタンドいたよな??

 

↓比較するとこんな感じ。

潮騒

 

 

ちなみに「セブンネット」で買った場合の限定特典は、「通常盤」とは違う表紙・裏表紙になります。

 

 

最後にぼくが今回の写真集で一番気に入ってるページは「青鬼に挟まれてる齋藤飛鳥」です。

ぼく
是非とも手に取っても見て欲しい。
ぼく
撮影地にも言って見たいな・・・